琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

Mugi

Mugi

主なテーマ:美容旅、リトリート、カメラ、ラグジュアリーホテル

こんにちは、Mugiです。

琵琶湖のほとりに佇むレイクリゾート「琵琶湖マリオットホテル」では、サマーフルーツとともに夏の琵琶湖を味わう「Summer Fruits Afternoon Tea」が開催されています。

 

プレートの上に色鮮やかに広がるのは、湖畔の夏を表現したスイーツ達。

 

夏の日差しにきらめく琵琶湖の絶景を眺め、リゾート気分にじっくり浸りながら、爽やかでどこかノスタルジックなアフタヌーンティーを堪能してきましたのでご紹介します!

 

「琵琶湖マリオットホテル」の「Grill & Dining G」は琵琶湖をのぞむ絶景ダイニング

琵琶湖マリオットホテル

「琵琶湖マリオットホテル」があるのは滋賀県守山市。日本一大きな湖「琵琶湖」のほとりに位置します。

 

最上階の12階には、レイクビューのレストラン「Grill & Dining G」が。

琵琶湖マリオットホテル

(出典:琵琶湖マリオットホテル

テーブルはゆったりと配置され、窓の外には真っ青な空と湖面がおりなす絶景が広がっています。

琵琶湖マリオットホテル

こちらで頂けるアフタヌーンティーは、1日30食限定。前日17時までの事前予約が必要ですので、お出かけの際はご注意を。

 

今年の夏のアフタヌーンティーのテーマは、たっぷりのサマーフルーツとともに夏の琵琶湖を味わう「Summer Fruits Afternoon Tea」です!

夏のフルーツと琵琶湖を味わう!「琵琶湖マリオットホテル」のアフタヌーンティー

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

夏のアフタヌーンティーは、3段のケーキスタンドではなく、プレートに乗って登場しました。

 

マンゴーやパッションフルーツなどのトロピカルフルーツをメインに、この地ならではの素材を使用したスイーツ8種とセイボリー4種が頂けます。

サマーフルーツ盛りだくさんのスイーツプレート

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー透明の涼しげなプレートの上には、色鮮やかな可愛いらしいスイーツが。

夏の琵琶湖の景色を映しこんだ、心躍るスイーツプレートです。

 

夏になるとホテル近くに咲き誇るひまわり畑をイメージした「パイナップルと酒粕のロールケーキ」や、琵琶湖をイメージした「バタフライピーとココナッツのパンナコッタ」。

 

それらを乗せる透明のトレーの下には、水に浮かべられたグリーンが透けて見えるのが、琵琶湖の湖面を思わせます。

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

 

【スイーツメニュー】
パイナップルと酒粕のロールケーキ
パッションフルーツと梅酒のムース
ひまわりマフィン
グァバとロゼスパークリングのボンボンショコラ
バタフライピーとココナッツのパンナコッタ
アドベリーチーズケーキ
マンゴーヨーグルトサンド
びわ湖サイダーフルーツポンチ

 

グラスに入っているのは、びわ湖サイダーを使ったフルーツポンチ。

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

琵琶湖をバックにパチパチとはじけるサイダーが、なんとも爽やかです!

ゴロゴロと大きくカットされたサマーフルーツを贅沢に味わえながらも、どこか子供の頃の夏を思い出させるノスタルジックな味。遠い幸せな夏の記憶と共に頂きます。

 

その他にも、軽やかなスポンジと生クリームの中にほのかに漂う酒粕の風味がとても美味しい「パイナップルと酒粕のロールケーキ」や、爽やかなくちどけの「マンゴーヨーグルトサンド」など、サマーフルーツを使ったスイーツが盛りだくさん。

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

グァバジャムの入ったボンボンショコラなど、こってり重くなりがちなものに爽やかなフルーツの酸味が効いて、暑さを忘れ一つまた一つと食べ進めてしまう美味しさです。

琵琶湖マリオットホテル

チーズケーキに使われているアドベリーは、安曇川町で栽培されるボイセンベリーのこと。
日持ちが難しく収穫時期も限られ市場にほとんど出回らないため、幻の果実といわれているのだそう。
まったりとしたコクのあるチーズに、爽やかなベリーの組み合わせが絶品!小さな一口を大切に味わいたくなるケーキです。

 

「パッションフルーツと梅酒のムース」は、滋賀のワイナリーで作られた白ワインに漬け込んだ梅を使用。

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

チョコレートに包まれていて、噛むと甘酸っぱいジューシーなパッションフルーツのジャムが口いっぱいに溢れだします。
食べ終わってしまうのが惜しいわ…と幸せな気持ちでうっとりと味わっていると、後味に梅酒がほのかに広がり。至福の一品です。

 

びわ湖を味わうセイボリー

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

【セイボリー】
琵琶湖産小鮎のフリット
枝豆とうろりのパニプリ
生ハムで巻いたクリームチーズとナッツのプレッセ
夏野菜のピクルス

 

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

セイボリーにも、琵琶湖の特産品が沢山使われています。

琵琶湖の湖魚「うろり」を佃煮にし、枝豆と合わせてパリッとあげたボリューム感あるパニプリや、琵琶湖産小鮎を使ったフリット等。

 

小鮎は丸ごと頂くので、サクサクとした食感の中にほろ苦さが広がり。

通常だと甘い物かしょっぱい物ばかりが多くなりがちなアフタヌーンティーの中で、良い味のアクセントに。

思わず目をつぶってじっくり味わってしまいました。

 

濃厚な甘酸っぱいスイーツの合間には、お口休めに夏野菜のピクルスを。

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

「生ハムで巻いたクリームチーズとナッツのプレッセ」は、まったりとした柔らかいクリームチーズに、アーモンドやピーナッツの食感のコントラストが楽しめます。

この1品だけで何とも言えない贅沢で複雑な味がするのですが、隠し味になんと鮒寿司が入っているのだそう!

 

ロンネフェルトが選び放題のティーメニュー

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

「琵琶湖マリオットホテル」のアフタヌーンティーでは、ロンネフェルトのティーセレクションやコーヒーが、好きなだけ頂けます。

 

ロンネフェルトの茶葉は、こんなに可愛い木製の見本を見ながら選ぶことができるんですよ。

種類はその時によって異なるそうですが、取材時は10種類の茶葉がありました。

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

私はまず、人気のミルクティー向け紅茶ブレンドの「アイリッシュウイスキークリーム」を、そして食後には爽やかに頂ける「ペパーミント」を。

目の前にどこまでも広がる青い絶景を眺めながらゆったりとお茶を飲み、美味しく、どこかノスタルジックな気分も味わえるアフタヌーンティーの余韻に浸ったのでした。

「琵琶湖マリオットホテル」のアフタヌーンティーで甘酸っぱい夏の思い出を!

琵琶湖マリオットホテルのアフタヌーンティー

美味しいサマーフルーツのスイーツを目をつぶって味わっいると、初めて来たはずなのになぜか懐かしい記憶が蘇ってくる。そんな素敵な時間の流れる「琵琶湖マリオットホテル」の夏のアフタヌーンティー。

 

夏の日差しに輝く湖畔、サイダーのはじけるフルーツポンチにひまわり畑。

琵琶湖の湖畔で過ごすとびきりの夏に、甘酸っぱい思い出と甘酸っぱいサマーフルーツを存分に味わえるアフタヌーンティーを、どうぞ召し上がれ!

 

琵琶湖マリオットホテル
住所:滋賀県守山市今浜町十軒家2876
TEL:077-585-6100(代表) 

Summer Fruits Afternoon Tea
期間:2022.7.1(日)~8.31(水)
時間:13:00~15:00 / 16:00
料金:4,600円

 
取材協力:琵琶湖マリオットホテル



RELATED COLUMN

RELATED SPOT