Remi

Remi

【LOVETABI代表】 主なテーマ:リゾート、アフリカ、ロマンス旅

こんにちは、Remiです。

冬休みの子連れハワイ旅行では、

“The Garden Island”(庭園の島)と呼ばれる自然豊かなカウアイ島へ。

 

今回カウアイ島の目的は、こちらのホテル。

グランド ハイアット カウアイ リゾート アンド スパ
(Grand Hyatt Kauai Resort & Spa)

いつか泊まりたいと思っていたこのホテルにステイするために、オアフ島からカウアイ島まで飛びました。

 

広大な敷地に緑の美しい庭園やプール、ビーチが広がり、
ゆっくりリゾートライフを楽しむのにぴったりの至福のホテルをご紹介します。

 

カウアイ島の魅力を体現した、クラシカルなハワイアンリゾート「グランド ハイアット カウアイ」

カウアイ島のリフエ空港から車で南へ約30分、カウアイ島で最も晴天率が高いリゾートエリア、ポイプ地区へ。

 

高い天井で開放感のあるロビーフロアには、チェックインカウンターの他に、コンシェルジュデスクやツアーデスク、レンタカー受付デスクが並びます。

クリスマスシーズンということで、玄関に大きなツリーがお出迎え。

1920〜30年代のクラシックハワイアンをコンセプトにデザインされたリゾートは、重厚感のある落ち着いた雰囲気。

 

そしてロビー正面には、オープンエアの庭園!

高い屋根よりさらに高い大きな木や、色鮮やかな植物が並び、奥にはオーシャンビューが広がります。

エリア内でオウムも放し飼いされていました!

 

自然豊かなのカウアイ島の魅力が詰まった「グランド ハイアット カウアイ」は、
その広大な敷地を贅沢に使い、緑溢れる空間になっています。

 

 

全室ラナイ付き!リゾートの自然を楽しむ「グランド ハイアット カウアイ」の客室

「グランド ハイアット カウアイ」の客室は全604室(うちスイート39室)あり、
全ての客室からリゾートの庭園や海を楽しめる造りになっています。

 

今回宿泊したのは、ツインのクラブアクセス付きのお部屋。

グランドクラブルーム(2クイーン)

広々クイーンサイズのベッドが2台とソファ付きの広々お部屋は
温かみのあるクラシックハワイアン調のインテリアでまとめられています。

 

 

お部屋の先には、海を望む庭園へと続くプライベートパティオ。

「グランド ハイアット カウアイ」の全ての客室にプライベートなラナイ(バルコニーまたは地上階の場合はパティオ)があり、外に出て景色や潮風を感じることができます。

 

 

広いバスルームには、大きなバスタブとウォシュレット付きトイレ。

 

大きなダブルシンクも大理石で高級感たっぷりの空間です。

アメニティはホテルスパのオリジナルブランド「cocomango」のもの。

その名の通り、ココナッツとマンゴーの良い香りがします。

環境に配慮したこちらのリゾート、お水のボトルはエコボトルを採用していて、リゾート内各所にあるウォーターサーバーで注ぐシステム。

歯ブラシなどは、ルームサービスで持ってきてもらうことができます。

 

バスルームの向かいにあるクローゼットには、ふかふかのバスローブと収納棚、アイロン、ビーチバッグなどが揃っていました。

クラブアクセスについては後ほど紹介します!

次ページ:「グランド ハイアット カウアイ」の広大なプールエリアと絶景ビーチ




RELATED COLUMN

RELATED SPOT