KANA(土屋香奈)

KANA(土屋香奈)

【女子旅専門!トラベルフォトライター】主なテーマ :女子旅・ディズニー・ホテルステイ

こんにちは。KANAです。

 

先日、6月18日 にオープンした『HIYORIチャプター京都トリビュートポートフォリオホテル(以下、「HIYORIチャプター京都」)』に編集部で宿泊してきました。

 

和モダンにまとめられたホテルには、ガイドブックではなかなか見つからない「新しい京都」を提案してくれる仕掛け豊富。

 

新しい京都に出会えるホテルの魅力をご紹介します。

 

 

新しい京都に出会えるホテル「HIYORIチャプター京都」とは

京都のメインストリートの一つである河原町通りにオープンした「HIYORIチャプター京都」。

 

世界最大級のホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが手掛けるホテルです。

 

「ようこそ、京都という物語へ。」がコンセプト

まだ「知らない京都」に出会える「新しい旅の形」を提案している「HIYORIチャプター京都」。

 

ホテル名の「チャプター」には、本の“ 第○章 ” の意味が。京都滞在中に人生の新たな章をしたためてほしいという想いが込められているのだとか。

京都観光にも便利な好立地

「HIYORIチャプター京都」は、地下鉄東西線・京都市バス「京都市役所前」から徒歩4分ほどの場所にあります。

 

近くには鴨川が流れており、京都御所も徒歩圏内。お散歩がてら観光の拠点としてもぴったりな場所です。

 

河原町も近いので、食事やショッピングするにも最適!

京都旅の記録が集まる「HIYORIチャプター京都」の「CHAPTER FACTORY」

京都を知り尽くした人たちのさまざまな旅の記録が集まる「CHAPTER FACTORY(チャプター ファクトリー)」。

 

地元の人しか知らないような「個性的な旅」が、一筆箋となり集まる場所です。

 

京都をよく知るコンシェルジュも常駐しており、好みに合った旅の提案をしてくれますよ。

 

ディープな京都を発見しよう

約50枚の「手のひら一筆箋」がずらりと並ぶこちらのエリアは必見。

 

「手のひら一筆箋」には、ホテルの支配人をはじめ、和尚さんなど京都を知り尽くした人たちの旅の体験記録が書かれています。

ガイドブックには載っていない小道や隠れた名店など、京都通にも嬉しいディープな情報が盛りだくさん!

 

一筆箋は、自由に読むことができ、気になるものは手に取って持ち帰ることも可能。

 

京都旅の新しいアイディアをぜひ手に入れて◎

 

手のひらサイズの一筆箋に旅の記録を

自分が体験した旅の記録を一筆箋として残すこともできます。

 

私たちも今回のホテルステイを題材に、一筆箋にチャレンジ。

自分の絵心のなさに悲しくなりましたが、楽しく制作できました♪

 

色鉛筆や万年筆、両面テープなど、一筆箋をデザインにするためのお道具箱セットの貸出のおかげで、世界に一つだけの旅の記録を作成できます!

マーカーペンは30色、色鉛筆は24色とカラーバリエーションも豊富。

 

こだわりの1枚をぜひ作成してみては♪

活版印刷で一筆箋カバーをカスタマイズ

活版印刷機コーナーでは、一筆箋のカバーを活版印を使ってカスタマイズできる体験も。

 

まずは好みの文字やイラストを選びます。

 

その後はガイドさんに指導してもらいながら、思い切りガチャンと版を押して完成です。

 

同じイラストでも、個性がでるのも面白いポイント。

ポストに入れて旅の思い出を共有しよう

 

執筆した旅の記録は、持ち帰るもよいですが「CHAPTER FACTORY」のポストに投函するのもおすすめです。

 

ポストに入れると、自分の旅の記録が次の旅人へとバトンタッチ。

 

自分の旅の記憶が、誰かにとっての新しい京都旅の発見のきっかけになるなんて素敵ですよね。デジタル化が進むこんな時代だからこそ、アナログならではの温かさがジーンと心に沁みます。

 

「HIYORIチャプター京都」の客室「コーナーツイン」を宿泊レポ

2室のスイートを含む全203室ある客室のうち、今回は宿泊したのは「コーナーツイン」のお部屋。

 

伝統的な日本の茶室の要素を取り入れつつ、モダンさも感じられる空間です。

 

お部屋は畳敷きになっており、素足でゆったりくつろげるのが魅力。

畳ならではの心地よさに癒されます。

 

シモンズ製のベッド

上質な睡眠を追求したシモンズ製のベッドは、ふかふかで寝心地抜群でした。

ユニットタイプのバスルーム

ユニットバスタイプの洗面台。

 

基礎化粧品は、イタリア・トスカーナで生まれた最上のオーガニック植物原料を使用した「MILLENIUM Organics (ミレニアムオーガニックス)」で揃えられていました。

クレンジングも置いてあるのは、嬉しいポイントです◎

 

上下セパレートなルームウェア

ルームウェアは上下セパレートに。

 

大浴場へ行くのに便利なトートバッグ

大浴場へはルームウェアと室内履きのまま移動できるので、こちらトートバッグは重宝しました。

 

着替えやバスタオル、化粧品類もしっかり入る便利アイテムです♪t

木箱に入ったアメニティグッズ

木箱には、歯ブラシやコットン、ブラシなど、基本的なアメニティグッズがぎっしり。

 

心意気を感じるアメニティドリンク

ティーバッグは、京都で300年以上続く老舗の日本茶専門店『一保堂茶舗』のもの。近くの寺町通りに本店を構えるお店です。

 

デカフェのコーヒーも嬉しいアイテム。デカフェなら、カフェインを気にすることなくコーヒーをしっかり味わえますよね。

 

お風呂上がりや、就寝前に。粋を感じるお茶やコーヒーで、1日の締めくくりはいかがでしょうか。

 

次ページ:「HIYORIチャプター京都」にあるパティスリー『松也-MATSUNARI-』

「HIYORIチャプター京都」にあるパティスリー『松也-MATSUNARI-』

「CHAPTER FACTORY」の隣にあるのがパティスリー『松也-MATSUNARI-』です。

 

世界各地のレストランを渡り歩き、新しい菓子造りを追求するパティシエの松岡誠也氏がプロデュース。

宿泊客はもちろん宿泊者以外でも、カフェをはじめ、夕朝食、バーまでを楽しめます。

 

ショーケースには、お菓子の見本がずらり。

 

カフェ

カフェでは、洋菓子と和菓子の両方を取り入れたコラボレーションメニューを楽しめます。

 

小豆とショコラを随所に盛り込まれたお菓子たちは、どれも驚きと感動を味わえるものばかり。

 

「松也の鯛焼き」(マドレーヌ)

コロンとしたフォルムに鯛の絵柄がかわいい焼き菓子。型のイラストは、なんと松岡氏自身で描かれたのだそう。鯛の下には「松也」をイメージした松の模様が入っています。

 

マドレーヌにかかっているチョコレートは季節によってフレーバーが変化。訪れた際の7月は、鹿児島産のオーガニックの抹茶を使ったチョコレートがコーティングされていました。

 

京都産有機大納言と白餡を使った生地は、ふっくらしっとり。

「蕨餅」

熊本・阿蘇山の麓で作られている100%の蕨粉を使い、チョコレートと小豆を組み合わせた「蕨餅」は、1日限定20食。

 

まずは手でつまんで100%の蕨粉の柔らかさを体感してみて。

 

中には、こしあんとミルクチョコレートキャラメルのソースが隠れており、上にはラズベリーとカカオのパウダーがかかっています。

 

フルーティーな酸味のあとには、こしあんのなめらかさとチョコレートのような芳醇な旨味が。食べ進めるごとに変わる味の変化をぜひ楽しんで。

 

「あんぱん」

京都の酒粕から天然酵母を起こして作られたパン生地は、モチモチ。

 

厳選したこしあんと、バターと自家製自家製ホワイトチョコレートで、なめらかなバタースプレッドに。あんバターの中に、カカオのフルーティーな香りが口いっぱいに広がっていきます。

 

コーヒーとの相性も抜群でした。

バー

バーでは、日本酒やジン、ウィスキー、ビールを味わえます。

 

なかでも日本酒は、京都でも稀少なラインナップを揃えているのでおすすめ◎

NANZAN 南山 特別純米 

 

伏見の農家さんが育てた京都の酒米「祝」を100%使った城陽酒造の「NANZAN 南山 特別純米 」。

すっきりと飲みやすく、甘さのなかにはシャープさも感じられました。

 

日本酒は、「祝」のお米を作っている田んぼの土を使った特別なオリジナルタンブラーで提供。清水焼伝統工芸士の伊藤南山先生が「松也」のためだけに作ってくれたものだそう。

 

ストーリーを楽しめるのも魅力の一杯です。

季の美 京都ドライジン

京都蒸溜所がつくるジャパニーズクラフトジン「季の美 京都ドライジン」。

お米を原料としたライススピリッツをはじめ、玉露や柚子、檜や山椒など京都産にこだわったボタニカルなどが30種類ほど入った複雑なジンです。

朝食

和食と洋食から選べる朝食は、どちらにもおばんざいがのったワンプレートがついてきます。

 

和食でいただける白ごはんには、丹後のコシヒカリを使われており、甘みがありモッチリ。白味噌ベースに八丁味噌を加えたお味噌汁は、上品な味わいに。

 

ワンプレートには、地元の野菜を使ったおばんざいが並びます。

 

 

洋食でいただける厚焼き玉子サンドの玉子焼きには、伏見からの平飼い卵を使用。

 

朝から京都の美味しいものに触れ、良い1日のスタートがきれそうです。

 

「HIYORIチャプター京都」の大浴場「HIYORI NO YU」

大浴場「HIYORI NO YU」は、落ち着いた雰囲気で旅の疲れを癒すのにぴったり。

お部屋からルームウェアと室内履きのまま移動することができるのも嬉しいポイントです。

 

石庭にかこまれた半露天風呂も完備。

ひのきのボールから漂ってくる心地よい香りにとても癒されました。

 

 

「HIYORIチャプター京都」で新しい京都に出会う

今まで知らなかった京都に出会える「HIYORIチャプター京都」。

 

私も何度も京都を訪れていますが、新しい京都をたくさん発見できました。

 

皆さんもぜひ「HIYORIチャプター京都」で新しい京都を見つけてみてください◎

 

KANA @Kyoto

 

HIYORIチャプター京都トリビュートポートフォリオホテル
住所:京都市中京区河原町通二条上る清水町341番地
TEL:075-221-3220

 

取材協力:HIYORIチャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル

#おこもりステイ




RELATED COLUMN

RELATED SPOT