ザ シンギュラリ ホテル

Kiwako

Kiwako

元CA旅好きライター 【主なテーマ】女子旅・女子一人旅

こんにちは、Kiwakoです。

 

『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』(以下、「USJ」)のオフィシャルホテルとして2017年にオープンした『ザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』(「以下、ザ シンギュラリ ホテル」)。

 

最上階には大阪湾と大阪市内を一望できる大浴場・スカイスパがあり、大阪市内にありながら都会の喧騒とは離れ、ウォーターフロントで癒しの時間を過ごせます。

 

週末のホテルステイや、ちょっとした非日常を味わいに。
心も身体もリラックスできる「ザ シンギュラリ ホテル」での滞在の様子をご紹介します。

 

 

 

「ジャパンクールデザイン」がコンセプトの「ザ シンギュラリ ホテル」

ザ シンギュラリ ホテル

「ザ シンギュラリ ホテル」は、6つめの「USJ」オフィシャルホテルとして2017年にオープンしました。

 

日本全国に25施設(2022年6月現在)を展開する「カンデオホテルズ」グループの一つで、XX階建て、XXXの客室数を誇り、ユニバーサルシティ駅から一番近いホテルとして、そのアクセスの良さも魅力です。

 

ホテルのコンセプトは「ジャパンクールデザイン」。

 

最上階に宿泊客が無料で使えるスカイスパ&サウナを備えているのが大きな特徴で、キャラクタールームなどもなく、「USJ」オフィシャルホテルの中でも大人向けと感じさせる落ち着いたホテルです。

 

ロビーもコンセプトの通り、和モダンなデザイン。

ザ シンギュラリ ホテル

天井が高く、ゆったりとした空間で訪れる人を出迎えます。

 

日本の美意識を感じるさりげない和の心を込めたデザインは、エレベーターにも。

ザ シンギュラリ ホテル

4基あるエレベーターには、春、夏、秋、冬をモチーフにしたデザインがお目見え。

さりげなく、日本の四季の美しさを感じ取ることができます。

 

「USJ」オフィシャルホテルならではのポイント

ザ シンギュラリ ホテル

「ザ シンギュラリ ホテル」は、「USJ」オフィシャルホテルなので、ホテル内でパークのチケットの購入ができます。

アトラクション待ち時間情報も出ているので、パーク内での効率的な動きもシミュレーションできますね。

 

「ザ シンギュラリ ホテル」のアクセス

ザ シンギュラリ ホテル

「ザ シンギュラリ ホテル」は、「USJ」の最寄駅であるJRゆめ咲線のユニバーサルシティ駅直結。

雨の日もほぼ濡れずにホテルへアクセスできます。

駅にはコンビニやATMもあるので、ちょっとした買い物にもとても便利。

 

「USJ」までは、駅を超えて「ユニバーサル・シティウォーク大阪」を歩いて約5分で行くことができます。

「ユニバーサル・シティウォーク大阪」とは反対側にある分、少し落ち着いた気分でホテルステイを楽しめます。

 

リフレッシュが叶う「ザ シンギュラリ ホテル」のスカイスパ&サウナ

ザ シンギュラリ ホテル

「ザ シンギュラリ ホテル」の最大の特徴は、最上階にあるスカイスパ&サウナ。

広さも十分あり、いつもとは違う入浴タイムを楽しめます。

 

夕食後の20時ごろに行ってみましたが、その時間はお客様で賑わっていました。

スカイスパは15時からオープンしているので、ゆっくりくつろぎたい場合は少し早めの時間が狙い目です。

 

洗い場も十分な数があり、半個室のように仕切られていてプライベート感が守られるのが嬉しいです。

ザ シンギュラリ ホテル

外には露天展望風呂もあり、少しひんやりとした空気感でさらにお風呂の気持ちよさを感じること間違いなし。

ザ シンギュラリ ホテル

また、女性用大浴場にはミストサウナ、男性用大浴場にはドライサウナも備えています。

今話題の「ととのう」体験もできますね♡

 

バスアメニティは、「カンデオホテルズ」特製のイタリア製オーガニックアメニティ。

ザ シンギュラリ ホテル

客室にも備えてあるのですが、柑橘系の爽やかな香りと、オーガニックならではの優しい使い心地に癒されます。

 

脱衣所も広く、着替えるロッカースペースと、パウダースペースに分かれています。

ザ シンギュラリ ホテル

パウダースペースには、洗顔、化粧水、乳液のスキンケアが揃うので、大浴場へは手ぶらで行けるのも便利。

ザ シンギュラリ ホテル

女性に嬉しい大型でパワフルなドライヤーもたくさん置いてあるので、お部屋に帰る前に短時間で髪を乾かせます。

ザ シンギュラリ ホテル

ぜひ、最上階のスカイスパ&サウナで足をゆっくり伸ばしながらお風呂に浸かり、日頃の疲れを癒してみては?

 

スカイスパ&サウナ
利用可能時間:15:00〜翌11:00
※サウナは2:00〜6:00は利用不可。
 
 

明るくて居心地抜群♡「ザ シンギュラリ ホテル」の客室

ザ シンギュラリ ホテル

今回、私は12階のお部屋・(お部屋名)に滞在しました。

 

和の心を感じるモダンなデザインのルームナンバーもかわいいですね。

ザ シンギュラリ ホテル

 

お部屋はグリーンを基調としたパステルカラーで、清潔感があり、温かみを感じるデザインです。

ザ シンギュラリ ホテル

ベッドは眠りの質にこだわったシモンズ社製。

一人で寝るには広すぎるくらいの、ゆったりとしたキングサイズです。

友達との女子旅でも十分寝れるスペースがありました。

 

パウダースペースとお部屋の仕切りあたりにはスリッパが置いてあり、客室では靴を脱いでリラックスして過ごせます。

ザ シンギュラリ ホテル

 

くつろぎの小上がりスペース

ザ シンギュラリ ホテル

ベッドの奥には、くつろぎの小上がりスペース。

しっかりと足を伸ばせるベッドにもなるスペースで、コーヒーを飲んだり作業したり。

 

小上がりスペースでは、布団を敷いて眠ることができます。

東向きの大きな窓からは朝陽が差し込み、大阪湾と大阪市内を遠くに眺めながら贅沢な朝時間を過ごしました。

ザ シンギュラリ ホテル

機能的な「ザ シンギュラリ ホテル」のバスルーム

ザ シンギュラリ ホテル

大浴場があるので、基本的にはトイレとパウダースペースのみの利用。
ユニットバスでコンパクトな作りですが、清潔感があり、物を置けるスペースも確保されていて機能的でした。

 

アメニティの中でも、歯ブラシだけはこちらに準備してあります。

 

もしここでお風呂に入るとなっても、バスタブもゆとりがあり大人でも座って足を伸ばせる広さなので、ストレスなく入れると思います。

「ザ シンギュラリ ホテル」のアメニティ

ザ シンギュラリ ホテル

「ザ シンギュラリ ホテル」のアメニティは、歯ブラシ以外はフロントでピックアップするスタイル。

必要なアイテムを必要な分だけピックアップするので、エコでありサステナビリティにも貢献しています。

 

洗面関連は、綿棒、コットン、ボディタオル、ヘアブラシなどが揃います。

 

その他、お部屋で飲むお茶などもこちらでピックアップが可能です。

ザ シンギュラリ ホテル

 

大浴場に行くときにも着れるパジャマは、着心地のよいセパレートタイプ。

ザ シンギュラリ ホテル

 

朝からパワーチャージできる「ザ シンギュラリ ホテル」のバラエティ豊かな朝食ビュッフェ

ザ シンギュラリ ホテル

翌朝は、2階のレストランで朝食ビュッフェを楽しみながら1日をスタート。

和食から洋食まで60品目以上の朝食メニューが揃います。

 

朝食にぴったりの焼き立てのパンやフルーツ、ヨーグルトなど。

ザ シンギュラリ ホテルザ シンギュラリ ホテル

 

和のおかずも、前菜にお惣菜と、朝からたっぷりの野菜をいただけるのが印象的でした。

ザ シンギュラリ ホテル

 

デザートにおすすめなのが、パンプディング。

ザ シンギュラリ ホテル

アパレイユにしっかりしみていて、ふわふわの食感に朝から幸せな気分になれます♡

 

私は、身体に優しい和食からいろいろと選んでみました。

ザ シンギュラリ ホテル

 

デザートには、先ほどのパンプディングに、クセになるみたらしだんご、フルーツやヨーグルトなどをチョイス。

ザ シンギュラリ ホテル

栄養面もしっかりカバーできる朝食で、朝からパワーチャージできました♪

 

「ザ シンギュラリ ホテル」朝食
時間:7:00〜10:00(最終受付9:30)
料金:大人 2,200円(税込)
 

元気をチャージしてリフレッシュが叶う「ザ シンギュラリ ホテル」

ザ シンギュラリ ホテル

スカイスパ&サウナでは、日々の疲れを癒しながらの時間に追われない入浴。
客室の窓辺では、朝陽を浴びながらの贅沢な時間。
そして、パワーチャージできるこだわりの朝食ビュッフェ。

 

忙しい日常に追われているけど、たまには非日常を過ごしたい。

そんな気分を満たしてくれるのが、「ザ シンギュラリ ホテル」。

 

近場で非日常を感じる週末トリップに「ザ シンギュラリ ホテル」を訪れてみてはいかがですか?

 

ザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
住所:大阪府大阪市此花区島屋6丁目2番25号
TEL:06-4804-9500
 
取材協力:ザ シンギュラリ ホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
 



RELATED COLUMN

RELATED SPOT