Kiwako(ディレクター)

Kiwako(ディレクター)

元CA旅好きライター 【主なテーマ】女子旅・女子一人旅

こんにちは、Kiwakoです。

 

2022年4月に星野リゾート「OMO」ブランド10施設目としてオープンした『OMO7大阪(おもせぶん) by 星野リゾート』(以下、「OMO7大阪」)。

 

大阪初の星野リゾートブランドとして、大きな注目を集めています。

 

大阪らしい人情味のあるおもてなしを楽しみながら、上質で洗練された空間とサービスを体験。

他では味わえない「OMO7大阪」ならではの魅力に迫ります。

 

 

新今宮にオープン!なにわラグジュアリーを体感する「OMO7大阪」とは

OMO7大阪

大阪でもディープな街として知られる新世界エリアにほど近い新今宮にオープンした「OMO7大阪」は、一言で言うと、大阪らしさがぎゅっと詰まったホテルです。

 

大阪は「食い倒れの街」と称されるオリジナルの食文化が発達し、「水の都」として栄えて来た歴史があり、商人の街として、人情味あふれる人たちそのものが大阪らしさを体現しています。

 

「笑い」への意識、思わず聞き入ってしまう大阪弁、そして温かみのある大阪の人たちの気質など……どれもここでしか味わえないものばかり。

 

「OMO7大阪」では、大阪の「笑い」と「おせっかい」を採り入れた大阪らしいおもてなしと、洗練された空間と上質なサービスが織りなす「なにわラグジュアリー」を合言葉に、コンセプトの「ほれてまうわ、なにわ」を体感できる旅を提案しています。

 

「OMO7大阪」で探すのが楽しい!大阪の遊び心

OMO7大阪

館内に入ると、ところどこに見られる大阪の遊び心。

 

「OMOベース」へのエントランスゲートは、よく見るとたこ焼きなのがわかりますか?

OMO7大阪

歩いて行くと、ただの丸と思っていたアートにピックが刺さっていて、たこ焼きと気づく人も多いのだそう!

 

「OMOベース」にある「OMO7大阪」の看板はよく見ると顔ハメに!

 

ソーシャルディスタンスを取るために、足元をよく見てみるとビリケン様の足形になっていたり。

OMO7大阪

 

ところどころに、大阪をモチーフにしたアイコンや隠れ通天閣などがあるので、それらを探すのも楽しいですよ♪

OMO7大阪

 

「OMO7大阪」へのアクセス

OMO7大阪

JR新今宮駅、南海電鉄新今宮駅、Osaka Metro 動物園前駅、阪堺電気軌道新今宮駅前駅と、複数路線4駅から徒歩ですぐにアクセスできる恵まれた立地。

 

新大阪駅、伊丹空港、関西空港からも好アクセスです。

 

大阪でも色濃く土地の風情が残る新世界エリアをはじめ、なんばエリア、天王寺エリアなど大阪の主要エリアにもすぐに行ける場所にあります。

 

お部屋の中でも大阪気分!「OMO7大阪」の多彩な客室

「OMO7大阪」の客室は、8タイプ全436室。

旅のスタイルに合わせて、さまざまな客室を選べます。

 

ルームナンバーは、大阪のアイコンで表現。

くいだおれ人形だったり、ビリケン様のお顔だったり、たこやきから着想を得たたこだったり、阪神タイガースを思わせる虎だったり……。

自分のお部屋はどのアイコンかな?と想像を巡らせるのも楽しいですね♪

 

そして、どのお部屋も靴を脱いであがるので、自宅のようにくつろげるのも魅力的!

 

「コーナーツインルーム」

OMO7大阪

二面の大きな窓が特徴の「コーナーツインルーム」。

 

窓からは、大阪のシンボル・通天閣をはじめ、大阪の街を一望できます。(なお、お部屋の向きによって眺望は変わります。)

カップルや友人での旅行でもプライバシーを守られる配慮もされていて、心地よく過ごせます。

 

「いどばたスイート」

約60㎡の広さを誇る「いどばたスイート」。

 

お部屋の中心にあるリビング空間には、大阪の代表的な観光スポットやかわいらしい大阪の人たちが描かれた「OSAKA ボード」と、大きなテーブル、ソファが配置されています。

 

「OSAKA ボード」を眺めながら、「明日はどこ行く?」とまさに井戸端会議さながらにおしゃべりを楽しむのが、「OMO7大阪」で過ごす旅の醍醐味!

「OSAKA ボード」を眺めていると、大阪の行きたい場所が次々に浮かんできます。

 

ゆっくり休みたくなったら、お部屋の四隅に位置するベッドスペースで。

半個室のように区切られているので、一人の時間もゆったりと。

 

ウェットエリアはダブルシンクになっていて、友人同士での宿泊でもそれぞれストレスフリーに使えそう。

バスタブつきのお風呂もあるので、お部屋でもゆっくりと旅の疲れを癒せます。

 

「いどばたスイート」は最大6名まで宿泊可能。

ファミリーや友人同士でのグループ旅行でも、部屋を分けることなくみんなで1つの部屋に滞在できるのが嬉しいですね!

 

大阪らしく“飴ちゃん”のサービスも♡

 

アメニティや館内着は「OMOベース」から必要なものだけをピックアップするスタイル。

無駄のないようにSDGsにも配慮されています。

なお、館内着のアイコンはランダムで選ばれるので、どんなアイコンが付いているのかお楽しみに!

 

「OMO7大阪」の開放的に過ごせるパブリックスペース

「OMO7大阪」には、宿泊客はもちろん、立ち寄った方でも開放的にリラックスして過ごせるパブリックスペースが充実しています。

 

ディープな仕掛け満載!「OMOベース」

「OMO7大阪」での旅の始まりは、ここ「OMOベース」から。

大阪での旅が楽しくなるディープな仕掛け満載のパブリックスペースです。

 

まず目に入るのが、壁一面に描かれた「ご近所マップ」。


「OMO7大阪」周辺情報だけではなく、大阪全体のことが一目でわかるようなマップに目が釘付けです。

 

周辺情報は、実際に「OMO7大阪」のスタッフの方が足を運び、写真を撮り、おすすめ情報として発信してくださっているので信頼度も抜群。

 

「OMO7大阪」の周辺エリアは大阪でもディープな地域で、なかなか入るのに勇気がいるお店も。

そのため、スタッフの方の実際の声がたくさん集まっているのは、旅プランを考えるにもとても嬉しいですね!

 

その他、「OMOカフェ&バル」や「OMOダイニング」を利用している方は、「ライブラリーラウンジ」や後述の「みやぐりん」の利用も可能です。

私が滞在した日も、パソコンを広げて仕事をしている人やミーティングしている人、カフェタイムを楽しんでいる人と、それぞれの過ごし方で「OMO7大阪」の時間を満喫していました。

 

 

広大なガーデンエリア「みやぐりん」

「OMO7大阪」の前面に広がる大きな芝生の広場・「みやぐりん」。

その広さは約7,600㎡!

 

丘のようになっている芝生広場の周りにはデッキテラスや散策路があり、どの場所でリラックスして過ごすかを探すのも楽しみの1つ。

童心に帰って芝生を駆け回ったり、ドリンク片手にデッキテラスで休んだりと、思い思いの時間を過ごせます。

 

広いお風呂でリラックス「湯屋」

みやぐりんの一角には、大阪のお風呂文化を彷彿とさせる外観の「湯屋」があります。

 

下足入れの鍵もビリケン様の足形。


細やかな大阪へのこだわりを感じられます。

 

「湯屋」はとても大きなお風呂が特徴。

一つのお風呂に見えて、ぬるめ、深め、浅めと少しずつ違っているので好きなエリアを探してみてくださいね。

 

天井部分にある天窓には、実は窓はありません。

移り変わる空を眺めながら、外の空気を感じてお風呂にゆっくりと入ることができます。

朝と夜で違う表情を見せるので、宿泊滞在中は何度でも入りたくなってしまいます。

 

お風呂上がりには、大阪「551」のアイスキャンデーを♡

 

広いお風呂で旅の疲れを癒してみては?

 

こちらの「湯屋」は宿泊者専用。

宿泊プランに「湯屋」の料金が入っていない場合は、1,000円で入浴券を購入し利用できます。

「OMO7大阪」で体験♡1日目は大阪をさらに深く知るアクティビティへ

「OMO7大阪」はアクティビティも豊富!

 

「OMO」ブランドといえばお馴染みの、ホテルから徒歩圏内の街を知り、新たな発見や出会いを通して街に溶け込むことをサポートしてくれる「Go-KINJO」。

1日目のアクティビティでは、より深く大阪を知り、楽しむことができます。

 

 

「ほないこか、ツウな新世界さんぽ」でディープな大阪を発見

1日目の「ほないこか、ツウな新世界さんぽ」では、OMOレンジャーと共に新世界をお散歩。

 

新世界といえば、大阪でもディープなエリア。

通天閣を中心としたエリアで、昭和にタイムトリップしたようなお店が立ち並び、豹柄の洋服を着た“大阪のおばちゃん”に出会える大阪でも唯一無二の場所です。

 

新世界散歩では、通天閣にいるビリケン様のルーツも巡ります。

今の通天閣にいるビリケン様は実は3代目なのはご存知ですか?

初代のビリケン様は行方不明となっていて、2代目はすでに引退し、今は3代目のビリケン様が通天閣でお出迎えしてくれるのです。

 

そして、引退した2代目のビリケン様には新世界の案内所で出会うことができます!

 

ビリケン様といえば、願いを叶えてくれる神様。

ビリケン様の左足をなでると恋愛運などにご利益があり、右足をなでると商売運や仕事運にご利益があると言われています。

大阪は商人の街なので、やはり願いの多くは商売運。

そのため、ビリケン様の右足は多くの人がなでていて、どんどん削られているのも見どころの一つです。

 

その他、ミックスジュース発祥のお店や、豹柄のお洋服しか置いていない“ザ・大阪”を感じられる衣料品店など、大阪でもここでしか見ることのできない昔ながらの風景。

 

ディープすぎて自分達での街歩きだとなかなか踏み込めないようなお店も、心強い「OMOレンジャー」さんのおかげで楽しめます♪

 

ぜひ、「OMO7大阪」の「ご近所アクティビティ」でディープな大阪の楽しさを発見してみてくださいね。

 

ほないこか、ツウな新世界さんぽ
時間:16:00〜17:00
料金:無料
予約:要予約
定員:10名
 

大阪の美食を堪能!「OMO7大阪」でいただくイノベーティブな2種類のディナーコース

「OMOベース」の奥には、宿泊者限定で利用できる「OMOダイニング」があります。

「OMOダイニング」では、ディナーコース、朝食、ランチを提供。

 

ディナーコースは、「大阪の食の本質を表現する」をテーマに、フランス料理をイノベーティブに仕上げた「Naniwa Neo Classic」と、串カツをアレンジした「Naniwa KUSHI Cuisine」をいただけます。

今回、夫とそれぞれのコースを一つずつ楽しみました。

 

まずは、スパークリングワインで乾杯。

ワインを好きな方は、コースとのペアリングも楽しめます。

 

「Naniwa  KUSHI Cuisine」は、大阪のソウルフード・串カツが味も見た目も斬新な串料理へと変化。

おしゃれで洗練された串料理の数々を楽しめます。

 

「Naniwa Neo Cuisine」では、箱寿司や船場汁などの大阪の郷土料理が、華やかでイノベーティブなフレンチとして表現されています。

 

箱寿司

大阪の箱寿司をイメージした前菜。

お寿司の代わりにアボカドやクスクスが使われているヘルシーな一品です。

 

割鮮

割鮮とはお造りのこと。

大阪で親しまれているふぐのお刺身・てっさをネギのアイスクリーム、ビーツのピューレ、いり酒を泡に仕立てていただきます。

 

青ネギのアイスがさっぱりとしていて、全体的にとても爽やかなテイスト。

 

半助

半助とはうなぎの頭部のことで、そちらをイメージし煮凝りに。

 

甘味のあるマデラ酒ソースで煮込み、奥行きのある味わいに。

 

船場汁

船場汁はブイヤベースでいただきます。

濃い味わいがカラダに染みるおいしさ。

 

煮おろし

煮おろしとは、薄口醤油で仕立てた天つゆに、おろし大根と鰹などの揚げた魚を煮たもの。

 

今回は透明感の美しいスープでいただきました。

大根おろしなのでさっぱりといただけます。

 

どて焼き

新世界では、串カツと並んで親しまれているどて焼き。

本来のスジ肉ではなく、牛タンを煮込んだメインディッシュとしていただきます。

 

ベースは白味噌で、優しい甘み。

フォアグラの風味も加わり、味わい深い仕上がりに。

 

かやくご飯

炊き込みご飯として知られるかやくご飯は、タコやトマトを具材に洋風かやくご飯に様変わり!

炊き立てのふっくらとしたご飯がとてもおいしいです。

 

 

箱寿司

最後の箱寿司は、デザートとして出てきました!

 

前菜と同じように美しく箱に入った見た目は変わらず、中身はミルフィーユに。

お寿司の具材に見立てているのはフルーツやフロマージュ。

 

見た目にも美しいデザートで、大阪らしさを味わいます。

 

 

お口直しには、大阪らしく飴ちゃんを。

 

どのお料理も、ひと手間を加えたり遊び心が追加されていたりと、運ばれてくるたびに感嘆の声が漏れてしまうほど。

そのプレゼンテーションも見応えありです。

 

食器は「ベルナルド」を使用し、「OMO7大阪」のデザインにも多く取り入れられている「まる」のイメージともマッチ。

料理をさらにおいしく引き立ててくれました。

 

大阪の伝統的な食文化を感じながら、新たな大阪の味を発見できる至福のディナーコースです。

 

Naniwa Neo Classic / Naniwa KUSHI Cuisine
時間:17:00〜21:00
料金:各コース13,000円 / 名(税・サ込み)
予約:公式サイトより要予約

 

なにわの夜は眠らない!「OMO7大阪」の夜のアクティビティ

ディナーを終えても、なにわの夜はまだまだ続きます!
みやぐりんでは、宿泊者限定の大阪をテーマにしたネオンアートで彩る「PIKAPIKA NIGHT」を開催!

 

タコ、フグ、トラなど、大阪らしいアイコンのネオンアートが東屋を彩り、みやぐりんは一気にお祭りモードへ!

 

たこ焼きやクラフトビールのふるまいを好きなだけ味わい、カラフルな提灯でみやぐりんをお散歩。

 

8月いっぱいはイベントのトリとして、ホテルの外観を利用したユニークな花火「PIKAPIKA ファイアワークス」を鑑賞できます。

ホテルの外観いっぱいに上がる花火は圧巻!

タコやくいだおれ太郎など、大阪らしいアイコンもホテルの外観いっぱいに広がります。

 

迫力のある花火に、新今宮駅のホームで電車待ちをしている人たちも思わず花火を見入っていました。

 

新型コロナウィルスの影響で花火大会の中止が続く今、「OMO7大阪」で夏祭り気分や花火を満喫できるのはとても嬉しいおもてなしです。

PIKAPIKA NIGHT / PIKAPIKA  ファイアワークスは8月いっぱいで終了しますが、その後は秋らしさを取り入れた内容に一部変更の予定です。

 

PIKAPIKA NIGHT / PIKAPIKAファイアワークス
期間:〜8月31日(水)
時間:20:00〜22:00
※PIKAPIKAフィアワークス 21:00〜21:10 / 21:50〜22:00
料金:無料
 

大阪の知られざる歴史や文化を学ぶ「なにわ」ってなんやねん講座

みやぐりんで「PIKAPIKA NIGHT」を楽しみつつ、「OMOベース」では大阪の知られざる歴史や文化を学べる「なにわ」ってなんやねん講座も開催。

 

この講座のスピーカーは「OMO7大阪」のご近所さんで、内容は日によって変わります。

 

「地元の人が集う市場ってどんなん?」

「大阪に先頭が多いのはなんでなん?」

「ヒョウ柄のおばちゃんってほんまにおるん?」

など、大阪ならではの“なんやねん”を楽しく学べる講座です。

 

この日は、「切っても切れない!?なにわと包丁の世界」と題し、新世界にある包丁の専門店よりスピーカーをお招きし、包丁の基本や包丁と味の密接な関係まで詳しくお話いただきました。

 

包丁といえば、トントントンと切る音。

でも、実際は素材を傷めずに美しく切ると音は出ないそうです。

 

そんな豆知識を学びながら、大阪の奥深さを再確認。

大人の教養としても知っておきたい大阪の歴史や文化を、ぜひこの講座で学んでみては?

 

「なにわ」ってなんやねん講座
時間:20:30〜21:00
料金・無料
 

次ページ:「OMO7大阪」2日目のアクティビティで朝から元気に!

 
 



RELATED COLUMN

RELATED SPOT