AYANA/加藤あやな(ディレクター)

AYANA/加藤あやな(ディレクター)

【フリーランスのライター/エディター】 主なテーマ:リゾート・夫婦旅・コスパ旅

こんにちは、AYANAです。

 

11月より、バリ島の直行便が再開されたことを受け、バリ島旅行を検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

私は、年末年始にインドネシア・バリ島「アヤナ エステート」へ旅行してきました。その際、2022年11月にオープンしたばかりの「アヤナ セガラ バリ」を取材させてもらったので、その魅力をご紹介します。

 

アヤナ エステート内にオープンした最新ホテル「アヤナ セガラ バリ」

バリ島、ジンバランにある「アヤナ エステート」。日本人のスタッフも常駐しており、日本人旅行客からの人気も高いリゾートです。

 

約90万㎡の広大な敷地には4つの宿泊施設、「アヤナ ヴィラズ バリ」「アヤナ リゾート バリ」「リンバ by アヤナ バリ」「アヤナ セガラ バリ」があるほか、14のプール、26のレストラン&バー、スパやプライベートビーチなど、さまざまな施設を備えています。

 

各ホテルはそれぞれテーマが異なり、今回取材した「アヤナ セガラ」は、リゾート内で最も高台にあります。どこからでも海を見渡せるため、インドネシア語で海という意味の「セガラ」と名付けられたのだそう。

 

バリ島の伝統的な文化とモダンの融合、海のエッセンスを随所に感じます。

ロビーには、バリのデザイン美学を取り入れた木彫りが施され、落ち着いた雰囲気を醸し出します。

天井にはバリ島のクルンクン村の伝統的な絵画・カマサン様式の絵が描かれています。「アヤナ リゾート バリ」のロビーの天井にも描かれているので、訪れた際は探してみてくださいね。

ロビーを抜けると、白を基調としたシンプルモダンなデザインの外観が目に入りました。

どの部屋もバルコニー&テラスが広くとってあり、のんびりと過ごせます。

リゾート内には14種類のプールが!

アヤナ エステート全体で14種類のプールがあり、宿泊者ならどこに泊まっていても好きなところを利用できます。「アヤナ セガラ バリ」内にはインドアとアウトドアの2ヶ所のプールがあります。

屋内型のプールは、リゾート初! 雨季のバリで天候がイマイチ……なんてときも、プールで泳げるのは嬉しいですよね。

朝食のレストランも好きなところで

朝食付きのプランで予約した方は、「パディ(アヤナ リゾート)」「トゥゲ(リンバ)」「カラン(セガラ)」の3つのレストランから選べます。

レストランによって少しずつラインナップが異なるので、連泊の場合は1泊ずつ変えるのもおすすめ! 私は3泊だったので、毎回違うレストランに行きました。

 

更に追加料金を支払えば、オーダー形式の朝食「ダヴァ(ヴィラ)」も利用できます。

ジンバラン湾を一望! アヤナ セガラ バリ「オーシャンビュールーム」

アヤナ セガラ バリには、スイートを含む全197室の客室があります。広さは58~65㎡で、スイートは約93㎡。こちらは「オーシャンビュールーム」。キングベッドまたはツインベッドで、大人3名まで宿泊できます。

 

ベッドスペース、リビング&ダイニングスペース、バスルーム、ウォークインクローゼットは回廊式に配置。

床から天井まである大きな窓からは、ジンバラン湾を見渡せます。プライベートバルコニーには、デイベッドが置いてあるので、風を感じながらゆったりとした時間を過ごすのも良いですね。

インテリアは、地元職人による手作りの木製家具や照明などを用い、モダンさの中にも温かみを感じます。

バスルーム

バスルームは、バスタブとシャワールームが分かれていて、シャワーは手持ちタイプとレインシャワーがあります。

 

バスルームとダイニングスペースは、引き戸で区切られているので、全て開け放すと開放感あり◎ 湯船に浸かりながらも景色を眺められます。

洗面台には大きさの違う3つの鏡が。明るさもあるので、化粧もしやすい◎

 

アメニティはポンプボトル式で、インドネシア生まれの100%ナチュラル・無添加の「SenSAtiA」を採用しています。

 

パジャマはワンピースタイプ。 アヤナ エステートのパジャマはホテル毎に柄が異なり、セガラは深緑の大人っぽい印象のパジャマでした。購入もできるので、旅の思い出にもおすすめ! 以前アヤナ コモドでパジャマを購入したので、今回も買いたかったのですが、在庫がなく断念。

次ページ:夕日も眺められる「ルーフトップバー LUNA(ルナ)」




RELATED COLUMN

RELATED SPOT