Yuko(渡辺由布子)

Yuko(渡辺由布子)

【モデル、トラベルライター】主なテーマ:ハワイ、LA、その他国内外旅行全般

こんにちは、Yukoです。

 

星野リゾートが展開している日本初の温泉旅館ブランド「界」の14軒目となる

星野リゾート 界 アンジンが、2017年4月に開業しました。

 

LOVETABIでプレスツアーに参加させてきましたので、リゾートの全貌をご紹介いたします。

場所は静岡県伊東市。

同駅には「界 伊東」もあり、さらに近隣には「リゾナーレ熱海」「界 熱海」なども並ぶ温泉地です。

 

新宿から高速バスで約2時間半、新幹線を利用すれば、わずか1時間半ほどで利用できる手軽さもまた人気の理由です。

 

実は伊東市は、英国人航海士ウィリアム・アダムス(後に三浦按針)による日本初の西洋式帆船が造船された地であり、

「界 アンジン」はその歴史にちなんで三浦按針(あんじん)の名前から名付けられました。

※この記事は、2018年12月公開の内容を再編集しています。

 テーマは「船旅」!「界 アンジン」のマリンアートのインテリアとおもてなし

まるで船の桟橋のような橋を渡って入口へ向かいます。


チェックインの際には、こちらのボーディングパスを渡します。

エントランスに入るとまず目に入るのが、波をモチーフにした素焼きのオブジェ。

壁にある船のパーツを組み合わせた船材集積アートは、宿の客室内やデッキなどでも見つけることができます。

 

ロビーやショップ、トラベルライブラリーなど、見渡す限り、海や船にまつわるデザインが施されています。

 ロビー

 ショップ

トラベルライブラリー

アンティークな音を楽しめるレコード機器も。

至る場所でマリンアートのインテリアが見られるのがこの宿の特徴のひとつ。

 

これら「界 アンジン」の内装は、無印良品やパークハイアットソウル、グランドハイアットドバイなど、

国内外の商業空間を数多く手掛けて来た、杉本貴志氏率いる設計事務所“スーパーポテト”がデザインしました。

 

スタイリッシュながら、冒険心、遊び心溢れる館内のインテリアを存分に楽しめます。

伊東の海を一望できる「界 アンジン」の露天風呂と展望デッキ

「界 アンジン」の中でも注目は、太平洋を一望できる最上階の大浴場と展望デッキ!

 大浴場

大浴場は、眼下に広がる海を切り取った開放的な内風呂と、海風を感じられる岩造りの露天風呂の2種類。

同じフロアの湯上がり処では、ドリンクやスナックを無料でいただけます。

 湯上がり処

ここではなんと、ビールも無料!(提供時間:15〜19時)

苦みの強いインディア・ペールエール「インドの青鬼」とフルーティーなアメリカン・ペールエール「よなよなエール」の2種類。

 

サーバーから好きなだけ自分で注いでいただけます♡

またスナックにはナッツやプレッツェルに、

火照った身体に嬉しいアイスキャンディまで♡

こうしたちょっとした心配りが星野リゾートファンを魅了する所以かもしれません。

 

そして湯上がり気分を最大限に楽しめるのが、船の甲板をモチーフにしたという展望デッキ。

 サンブエナデッキ

三浦按針が造船した帆船「サン・ブエナベントゥーラ号」の名に由来しているんだそう。

ビールやスナックを手に、絶景を楽しめます。

空のグラデーションが美しい朝焼けや薄暮、月の灯りが海に反射して導き出すムーンロード、

夏場は地元の花火大会など、季節ごとにダイナミックな景色を満喫できます。

 

ゆったりとしたソファで、海風を浴びて涼みながら美味しいビールをグイッと一杯♡

至福の時間です♡

 

 

次ページ:「界アンジン」の全室オーシャンビューのアートな客室♡




RELATED COLUMN

RELATED SPOT