Mugi

Mugi

主なテーマ:美容旅、リトリート、カメラ、ラグジュアリーホテル

こんにちは、Mugiです。

 

皆さんは沖縄北部にある「備瀬のフクギ並木」をご存じでしょうか?

 

頭上までぎっしりとフクギの木に覆われた、幻想的な海岸沿いの白砂の小道です。

 

そこにひっそりたたずむ1日1組限定のラグジュアリーヴィラ「Birth the suite(バース ザ スイート)」に宿泊し、心が洗われるような極上のリトリートを体験してきたのでご紹介します。

 

1日1組限定のヴィラ「Birth the suite」

沖縄本島北部、那覇空港から車で1時間40分ほどのところに、備瀬という集落があります。

 

その一帯をまるで森のように覆っているのが、備瀬のフクギ並木。

 

琉球王朝時代に、台風や海風から守る防風林として、風水思想にもとづき植えられたともいわれています。

一歩踏み込んだ瞬間に、「異世界に紛れ込んでしまった……?」と、思ってしまうほどの幻想的な風景。

 

そんな備瀬のフクギ並木に溶け込むようにたたずむのが、今回泊まった『シークレットヴィラ  Birth ― the suite ―』(以下「Birth the suite」)です。

プライベートな空間を大切にした、1日1組限定のヴィラ。

日々の様々なことから解放され、自然との繋がりを取り戻しながら、備瀬の村の住人として暮らすように過ごす滞在を提案しています。

コンシェルジュサービスがあり、滞在中は専任バトラーがきめ細かにもてなしてくれるんですよ。

 

では、早速チェックイン♪

外には大迫力の備瀬のフクギ!「Birth the suite」の客室

ヴィラの1階はアウトドアリビングになっているので、主に過ごすのは2階部分。

大きな窓の外には、フクギの木々が広がります。

そしてその枝越しには青い海が!

目の前の絶景に見とれながら、裸足になって木の床に座っていると、聞こえてくるのは波の音と鳥の声。

海はとても穏やかで、観光客もほとんど見当たりません。

 

ここには静かな時間が流れています。

ドラマチックなバスルームで亜熱帯の森のレインシャワーを浴びる!

「Birth the suite」での宿泊で、一番楽しみにしていたのがこちら。

 

足を踏み入れた瞬間、思わず「わ~っ」と、歓声をあげてしまった美しいバスルームです。

窓すれすれまで迫る南国の木々。

 

ここで水浴びをすると、まるで亜熱帯の森でレインシャワーを浴びているような気分に。

夜になると、雰囲気は一変します。

鏡もとっても素敵なんですよ。

黒い壁にかかる絵画のような縁取りの大鏡、映る自分もいつもよりもドラマチック?

絶好のセルフィ―スポットです♡

 

アメニティは、沖縄のオーガニックコスメ「琉白」。

バスタオルは、高級リトアニア産の麻のものと、今治製のコットンタオルの2種類用意されています。

この日は朝に摘まれたばかりのハーブのブーケが置かれていました。

オプションでハーブバスを付けたのです。

バスルーム中に広がるいい香り!

スタッフの方が無農薬で育てているのだそう。

壁には木漏れ日が揺れて……。

 

広々としたバスタブにフレッシュなハーブを浮かべ、沖縄の自然を五感で味わう優雅なひとときを堪能しました。

白いリネンの天蓋に包まれたベッドルーム

寝室を包みこむのは白いリネンの天蓋♡ シーツやブランケットにも上質なリネンが使われています。

 

夜でも熱気の冷めない沖縄では、さらりとした麻の肌触りが心地よいですね。

 

ここでお昼寝をするのも最高なんです。繰り返す波の音を聞きながら、風に揺れる天蓋を見つめていると、次第にウトウトと夢の中へ……。

次ページ:「Birth the suite」の夕食は琉球フレンチのインルームダイニング

 




RELATED COLUMN

RELATED SPOT