ザ・リッツ・カールトン沖縄

Kiwako

Kiwako

元CA旅好きライター 【主なテーマ】女子旅・女子一人旅

こんにちは、Kiwakoです。

 

沖縄県本島北部の名護市・喜瀬。

さまざまなリゾートホテルが連なるなか、海から少し離れた高台に位置し、落ち着いた佇まいの「ザ・リッツ・カールトン沖縄」に滞在してきました。

 

ゴルフ場隣接という環境柄、緑豊かで自然に囲まれ、全客室から名護湾を望めるオーシャンビュー。

沖縄の優しい風を感じながら、優美な時の流れに身を包む「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の魅力に迫ります。

 

 

 

 

 高台に位置した水をたたえた内庭が象徴的な「ザ・リッツ・カールトン沖縄」

ザ・リッツ・カールトン沖縄

海から少し離れた喜瀬の高台に位置し、落ち着いた佇まいの「ザ・リッツ・カールトン 沖縄」。
2022年5月には、開業10周年を迎えました。

外観は首里城をイメージしていて、沖縄らしい赤い瓦屋根が目をひきます。

 

ロビーに入ると、天井が高くとても開放的な空間。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のロビーエントランス

ロビーを抜けると水をたたえた内庭が広がり、水面には名護の青空が映ります。

ザ・リッツ・カールトン沖縄

 

ロビーやテラス、コリドーは内庭に面していて、いつでも外の空気が抜けていくようにデザインされています。

どこを歩いていても沖縄の優しい風を感じられ、リゾートにいる気分がさらにアップ!

 

ホテル内には、レストラン、バーを併設したロビーラウンジ、ライブラリー、スパやプールなどが揃い、ゆったりとしたリゾートステイが叶います。

 

全室美しい名護湾を望む「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の客室

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

(出典:ザ・リッツ・カールトン沖縄

 

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の客室は、全室美しい名護湾を望む客室。
また、すべての客室にはテラスを備えており、テラスに一歩出ると喜瀬の自然を全身で感じられます。

 

97室の客室には、デラックスルームからスイートルームまで、6タイプの客室をご用意。

カバナルームはジェットバスを設えたプライベートテラスが併設され、屋外プールにもテラスからダイレクトアクセスという人気の客室です。

 

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の客室タイプ
・デラックス ルーム(45㎡) 54室
・ベイ デラックスルーム(45㎡) 24室
・プレミアデラックス ルーム(58㎡) 9室
・カバナルーム(45㎡) 8室
・プレジデンシャル スイート(105㎡) 1室
・ザ・リッツ・カールトン スイート(105㎡) 1室
 

デラックスルーム(45㎡)に宿泊

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

デラックスルームは、大きくベッドルームとウェットエリアに分かれます。

ベッドルームには、今回滞在したお部屋にはセミダブルのベッドが2台入り、大人2名でゆったりと眠れる広さ。

 

ベッド横にはソファースペースがあり、夜はここでお茶をしたりとゆっくりと過ごせました。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

エントランス横には、ネスプレッソや「ザ・リッツ・カールトン」のロゴ入りのペットボトル。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

こちらのドリンク類は、滞在中自由にいただくことができます。

 

特筆すべきは、ウェットエリア。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

広さがあり、ダブルシンクで使いやすいのはもちろん、「喜瀬カントリークラブ」のゴルフコース、遠くには名護湾を望める贅沢なビューバスです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

シャワーエリアは別に分かれているので、シャワーを浴びてからゆっくりと至福のバスタイム♡

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

 

アメニティ

ザ・リッツ・カールトン沖縄のアメニティ

バスアメニティは、英国王室御用達ラグジュアリーブランドの「Asprey(アスプレイ)」。
シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュとボディローションがあり、「Asprey」の香りに包まれてのバスタイムを過ごせます。

 

その他、歯ブラシ、櫛、カミソリなどの基本のアメニティや、バスタイムがさらに充実する「沖縄のバスソルト」が揃います。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のアメニティ

 

また、「ザ・リッツ・カールトン」のロゴが入ったバスローブ、上下セパレートタイプのパジャマ、スリッパなども用意されており、お部屋の中で快適に過ごす準備が整っていました。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のバスローブザ・リッツ・カールトン沖縄のパジャマ

 

ターンダウンサービス

ザ・リッツ・カールトン沖縄のターンダウンサービス

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」ではターンダウンサービスがあり、夕刻のディナータイムを楽しむ頃に合わせて、お部屋での就寝準備を整えてくれます。

 

ディナーが終わりお部屋に戻ると、ベッド脇にはスリッパが用意されていて、枕元には翌日のお天気予報が分かるメモと「ザ・リッツ・カールトン沖縄」オリジナルのちんすこう。

 

また、就寝のお供にはシークワーサーエッセンシャルオイルを。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のアメニティ

1滴垂らして、爽やかながら落ち着く香りで眠りにつきます。

 

落ち着いた雰囲気の「ザ・リッツ・カールトン沖縄」のプール

ザ・リッツ・カールトン沖縄のプール

(出典:ザ・リッツ・カールトン沖縄

 

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」には屋外プールと屋内プールの2つのプールがあります。

今回は、屋内プールがメンテナンス中だったこともあり、屋外プールを楽しみました。

プールは基本的には大人用で水深も深めですが、一部が子ども用の浅めのプールになっています。

 

プールサイドで休めるよう、ビーチパラソルとチェアも豊富。

ライフガードが常駐しているので、安心してプール時間を楽しめます。

 

屋外プール
営業期間:4月〜10月
営業時間:8時〜sunset
 

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」のアクティビティ

「リッツニック」

リッツニック

 

大人も童心に戻って楽しめるアクティビティ「リッツニック」!

 

「リッツニック」とは、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」のお食事、ブランケットマット、飲み物などがバスケットに入ったオリジナルピクニックボックスのこと。

また、ビーチへお出かけの際は水のペットボトルやタオル、日焼け止めなどもバスケットにつめて用意してもらえます。

 

「リッツニック」は、ホテルの敷地内で楽しむこともできれば、送迎サービスを利用して近くのビーチで楽しむことも可能で、私たちは、喜瀬ビーチまで行くことにしました。

 

空いていると、ホテルオリジナルのトゥトゥクで送迎してもらえるのですが、このトゥクトゥクがリッツカラーでとてもかわいいのです♡

トゥクトゥク

トゥクトゥクは思ったよりスピードも出て、風を切って走るのがとても気持ちよく、リフレッシュにも。

 

喜瀬ビーチでは、ブランケットマットを広げてピクニック。

リッツニック

ビーチでは、おいしいランチボックスを楽しみながら海を眺める贅沢な時間。

 

バスケットと一緒に携帯電話を用意してくれて、そこから電話するとまたホテルまでお迎えに来てくれるのでとても便利です!

 

また、喜瀬ビーチは、「かねひで喜瀬ビーチパレス」というホテルの目の前のビーチなので、トイレや手洗いはホテル内を利用でき安心。

 

ビーチ施設利用の場合は、施設使用料がかかります。

 

喜瀬ビーチ以外にも、いくつか「リッツニック」を持ち込めるビーチがあります。

ぜひ、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」ならではのピクニック「リッツニック」も楽しんでみてくださいね。

リッツニック

 

リッツニック
料金:4,600円 / 人(税・サ込)
お届け時間:11時〜18時
予約・お問い合わせ:0980-43-5555 / rc.okarz.guest.services@ritzcarlton.com
※2名様分からの受付となります。
※お届け希望時間から3時間前までに要予約。

 

モーニングヨガ

モーニングヨガ

朝日を浴びながら、1日を爽やかにスタートできるモーニングヨガを開催中!

私も朝6時30分より参加しました。

 

真っ青な空の下、遠くに海を眺めながらのヨガで、朝からリフレッシュできます。
日差しが強いので、サングラスや紫外線対策は必須。

 

普段はなかなか早起きできない……という方も、旅先ならではの贅沢な朝時間を過ごしてみてはいかがですか?

ヨガの後にシャワーを浴びて、朝からスッキリした時間を過ごせます。

 
モーニングヨガ
曜日 / 時間:毎日6時30分〜7時30分※日によって変動します。
場所:グスクテラス
料金:無料
動きやすい服装で参加
前日17時までに要予約。ご予約は・お問い合わせはゲストサービスまで。
 

次ページ:「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の風が気持ちよいレストラン




RELATED COLUMN

RELATED SPOT