aiko

aiko

【トラベルライター・LOVETABI Mama編集部】主なテーマ :子連れ旅、カフェ

こんにちは、aikoです。

 

沖縄県・読谷村の美しい海岸線に沿うように建つ「星のや沖縄」に滞在してきました。

 

グスクウォールに囲まれた自然豊かな敷地内は、全室オーシャンフロントの客室や季節を問わず楽しめるインフィニティ―プール、数々のおもてなしなど、沖縄の贅沢が集まる空間です。

 

敷地に足を踏み入れた瞬間から始まる非日常体験。

 

沖縄最上級のリゾート「星のや沖縄」で過ごす極上の休日をご紹介します。

 

 

沖縄の贅沢が集まった非日常空間「星のや沖縄」

 

「星のや沖縄」は、圧倒的な非日常を提供する「星のや」の8施設目として、2020年7月に自然豊かな沖縄県・読谷村の地に誕生しました。

 

施設のコンセプトは「グスクの居館」。

 

 

沖縄の史跡「グスク」からインスピレーションを得て作られた「グスクウォール」に囲まれた敷地内には非日常空間が広がります。

 

その始まりは、リゾートの玄関口のレセプション。

 

 

足を踏み入れた瞬間は黒だと思っていた壁がだんだんと深いブルーであることに気が付きます。

そこは深海をイメージしたとても静かでひんやりとした空間。

すっと汗がひき、これからの滞在に胸が膨らみます。

 

とても広い敷地内のため、グスクウォールには6つのポータル(出入口)があり、滞在中はポータル間をカートで送迎をしていただけます。

 

 

 

海を眺めて暮らす「星のや沖縄」の客室

 

「星のや沖縄」にある全100室の客室は、全てがオーシャンフロントという贅沢な造り。

どの客室からも海を近くに感じられるようにと全室2階までの高さで設計されています。

 

沖縄で暮らすように滞在することのできる「星のや沖縄」の客室。

今回私たちが滞在した、沖縄の方言で「星」を意味する「フゥシ」のお部屋をご紹介します。

フゥシ(星)|4名定員・93~94平米

 

お部屋に入ると暮らしの拠点となる土間ダイニングがあります。

広く取られた窓からはどこまでも続く海を望む贅沢な空間。

 

海を眺めながら食事をしたり、お茶をしたりと暮らしの拠点となる場所です。

 

 

ダイニングには冷蔵庫やオーブンレンジなどの用意もあり長期滞在などにも便利。
沖縄で暮らすように滞在するのにもぴったりです。

 

土間ダイニングの隣には、「フゥシ」の特徴ともいえる、掘りごたつ式の「床座リビング」。

 

 

大きな正方形の机のまわりには、クッションの置かれたソファが配置されています。

 

窓から切り取られる海はまるで絵画のよう。

 

 

ゆったりと海を眺めながらくつろぐことができる癒しのスペースです。

 

土間ダイニングを挟んでリビングの反対側に位置するのが寝室。

 

 

寝室の壁紙には沖縄らしい色鮮やかな「琉球紅型」が描かれています。

沖縄の風景や民話が描かれたオリジナルのデザインは、見ているだけでもほっこりとしたストーリー性のあるもの。

 

「フゥシ」では「ブーゲンビリア」をモチーフとしたやちむんの里の工房の様子やお茶の時間が描かれています。

 

 

琉球紅型の壁紙は、客室のタイプごとに異なるので、次回の旅の楽しみにするのもいいですね。

 

客室には館内着やパジャマ、足袋、オリジナル巾着のほか、星のやオリジナルのスキンケアセットや「星のや沖縄」オリジナルのバスソルト、フェイスパックなど。

旅をより快適に楽しむためのアイテムが揃っています。

 

 

沖縄らしい調度品の数々も「星のや沖縄」での滞在の楽しみのひとつ。

 

 

琉球王朝時代に生まれた金細工の指輪「房指輪」をモチーフとした鍵のキーホルダーや、やちむんのカップ&ソーサーなど、匠の技で作られた沖縄の工芸品の数々が旅に彩りを与えてくれます。

 

24時間利用可能!「星のや沖縄」のラウンジ「集いの館」

 

「星のや沖縄」のフロントとラウンジ、ライブラリーを兼ねた「集いの館」。

コーヒーやさんぴん茶、シークヮーサージュースのほか、時間帯に合わせたハーブティーのサービスがあります。

日替わりで楽しめるサブレや、紅いもを使用した焼菓子の「紅ぽてと」もお茶のお供に。

 

 

ライブラリーには沖縄や海、旅にまつわる本が揃っています。

好きな本を読みながら、沖縄ならではのドリンクとお菓子をいただく、旅時間の素敵な過ごし方。

 

 

たまには夜更かしをしたり、早起きを楽しんだり。

24時間好きな時に利用できるので、時間を気にせずにふらっと立ち寄ることができる憩いの場所です。

 

伝統芸能を楽しむ「宵の座」

 

空が赤く染まる夕刻になると「集いの館」で始まる「宵の座」。

毎日18:30からの20分間、歌三線や琉球舞踊、琉球空手の演武が行われ、伝統に触れることができます。

 

宵の座
開催時間:18:30~18:50
料金:無料
予約:不要
演目:[土日]空手演武 [他日程]琉球音楽
*演目が変わる可能性あり
 
 

海とつながる「星のや沖縄」の一年中入れるインフィニティプール

 

「集いの館」の目の前には一年中入れるインフィニティプールが広がります。

 

 

海に向かって突き出すように作られ、水深の異なるエリアがパズルのように組み合わされたデザイン。

40度まで加温ができる温水プールのため季節を問わず楽しむことができます。

 

 

ガゼボやソファの席も多くあり、プールに入らずとも、時間と共に移りゆく空の色を座ってただ眺めるのもいいですね。

 

 

美しいサンセットや満天の星空、綺麗な朝焼けと、その時にしか見ることのできない沖縄の絶景を特等席で眺める最高に贅沢な時を。

 

アクティビティの拠点となる「道場」でのひととき

 

赤瓦の屋根に縁側を備えた平屋の建物がアクティビティの拠点となる「道場」。

開放的な窓を開け放つと、海風が吹き抜け、内と外が繋がる自然と一体となれる空間です。

 

 

この道場では、琉球空手や琉球舞踊など、さまざまな沖縄文化の体験をすることができます。

 

どなたでも気軽に参加できる2つの素敵な体験をご紹介します。

 

海辺のひととき「ぶくぶく茶」

 

毎日15時から開催されている沖縄古来の風習「ぶくぶく茶」のふるまい。

古くから沖縄で親しまれている伝統的な文化で「旅人の疲れを癒し、旅人の安全を願う」という想いが込められている特別なお茶です。

 

 

炒り米湯とお茶を木の器の中で丁寧に泡立てていくと、あっという間にふわふわの泡状のお茶ができあがります。

 

 

冷たいさんぴん茶の上にのったふわふわな泡は、とても弾力があり時間が経ってもつぶれません。

 

 

まるで雲のようなふわふわな泡はお米の香ばしさを感じ、冷たい爽やかなさんぴん茶と一緒にすすってホッと一息。

チェックイン後に旅の疲れを癒すひとときとしてもおすすめです。

 

 

海辺のひととき
開催時間:15:00~16:30
料金:無料
予約:不要(同時利用人数制限あり)

 

朝の鍛錬深呼吸

(出典:星のや沖縄)

 

朝、少し早起きをして体験したいのが「鍛錬深呼吸」。

琉球空手の型を取り入れた、身体が目覚めるストレッチです。

 

朝の澄んだ空気の中、鳥のさえずりを聞きながら道場へと向かいましょう。

7時からゆっくりと時間をかけて30分、少しづつ身体を動かして身体を目覚めさせていきます。

 

清らかな空間でのストレッチで、気持ちの良い朝のスタートを。

 

朝の鍛錬深呼吸
開催時間:7:00〜(30分)
料金:無料
予約:要
 

次ページ:シチリア×沖縄の融合を楽しむ「星のや沖縄」のディナー




RELATED COLUMN

RELATED SPOT