Remi

Remi

【LOVETABI代表】 主なテーマ:リゾート、アフリカ、ロマンス旅

 

こんにちは、Remiです。

日本から飛行機で3、4時間で行ける人気の旅行先、台湾。

その台湾に2019年6月、星野リゾートが温泉リゾートをプロデュース!!

 

台中郊外の山間部、グーグァンに誕生した『星のやグーグァン』に滞在してきました。

 

 

台湾の秘境、グーグァン(谷關)の豊かな自然と、

日本随一の高級リゾート「星のや」のコラボレーションを

存分に堪能した滞在をご紹介したいと思います。

 

 

温泉渓谷の楼閣『星のやグーグァン』が2019年6月開業

 

台湾第二の都市、台中の郊外のグーグァンに誕生した『星のやグーグァン』は、星野リゾートが台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾート。

 

「温泉渓谷の楼閣」をコンセプトに、湯量豊富な温泉、山々に囲まれた標高800mの谷あいに佇む『星のやグーグァン』はまさに秘境の楽園。

リゾートそのものがグーグァンの魅力を体現しています。

 

美術館のような空間のレセプションには、水と山を表現する絵画や(上)、

水源の豊富なグーグァンの川を表現する絵画や温泉の湯気を表現するオブジェクト(下)が飾られています。

 

ロビーの奥には、ショップと滞在中楽しめるライブラリーラウンジ。

 

一面の窓からは自然溢れる広い敷地内を眺めることができます。

 

 

ライブラリーラウンジを抜けて、竹林に囲まれた小道を進んで客室棟へ。

 

客室棟は台湾の住宅を模した凹凸のある設計となっており、客室までの通路も台湾の小道をイメージした遊び心のあるデザイン空間。

 

 

全室半露天風呂付き!『星のやグーグァン』の温泉フロア付客室

『星のやグーグァン』の客室のタイプは5つ。

そのほとんどがメゾネットタイプになっています。

 

私たちは今回その中でも最も多いタイプ、「風音」に滞在しました。

風音(かざおと、3名定員、87平米)

 

一面に緑を眺めるお部屋は、低め重心のインテリアがより開放感を感じさせます。

 

両側には、大きな掘りごたつの床座リビングと、ローベッドが並ぶベッドルーム。

 

 

窓やテラスからは雄大な山々や、敷地内の緑を贅沢に望めます。

 

 

また入り口は、玄関で靴を脱ぐ日本スタイル。

施設内で利用できる作務衣や下駄も用意されていました。

 

奥にはオープンクローゼットとお手洗いがあります。

 

 

ミニバーエリアにはエスプレッソマシーンやミネラルウォーター、ホットドリンクが並びます。

 

そして、入り口の横にある階段を登ると、『星のやグーグァン』が誇る、温泉フロア!!

 

ガラス扉を開けると、大きな半露天風呂!

 

星のやグーグァンの温泉は、無色無味の弱アルカリ性炭酸泉で、肌への刺激が少なく、通称「美肌の湯」と言われています。

 

風通しの良いプライベートな空間で、いつでも何度でも源泉掛け流しの温泉を楽しむことができます。

 

手前には、シャワールームがあり、階段の反対側には2口洗面台。

 

 

アメニティは、星のやオリジナルブランド。

バスアメニティの他、洗顔や化粧水、シャワーキャップやヘアゴムがあるのも嬉しいポイント。

 

お部屋で和菓子とお茶をいただき、ほっと一息。

 

『星のやグーグァン』おこもりステイのスタートです。

 

また、今回は特別に温泉滞在をとことん追求した、もう1タイプのお部屋を見させていただきました。

月見(つきみ、2名定員、105平米)

 

同じくメゾネットタイプのこちらのお部屋は、カップルやご夫婦にぴったりの造り。

 

こちらのお部屋の特徴は何と言っても、他タイプの2倍の広さを誇る温泉フロア!!

 

湯上りにはソファや座敷でくつろぎながら、グーグァンの絶景を眺められます。

 

次ページ:『星のやグーグァン』の水の庭「ウォーターガーデン」と屋外プール




RELATED COLUMN

RELATED SPOT