Yuzu

Yuzu

主なテーマ:週末旅、女子旅、グルメ、アクティビティ(スポーツ等)、街歩き

こんにちはYuzuです。

最近、巷ではじわじわとクルーズ旅行が人気ですが、クルーズ旅行に行かれたことはありますか?

 

クルーズというと、何日もお休みを取らないといけない……なんて思っていませんか?

 

実は、数時間〜楽しむことのできるクルーズもあるんです。

 

今回、『THE CRUISE CLUB TOKYO(ザ・クルーズクラブ・トーキョー)』で開催した「Welcome to “the Cruise Praty”」にご招待いただき、美味しいフレンチランチと約1時間の東京湾クルーズを楽しみました。

 

ザ・クルーズクラブ・トーキョーで開催された「Welcome to “the Cruise Party”」

会場は、東京モノレール・天王洲アイル駅直結のシーフォートスクエア1階にある「THE CRUISE CLUB TOKYO」。

 

運河沿いに立つ「クラブハウスレストラン」と、
クルーズシップ「レディ クリスタル」という2つの場所を併せ持っており、クルーズと食事を楽しめます。

 

1日だけの限定イベント「Welcome to “the Cruise Party”」は、「日本橋三越」「CRUISE Traveller(クルーズトラベラー)」「HURTIGRUTEN(フッティルーテン)」の3社が合同で開催。

 

お食事やイベントを楽しみながら、最新クルーズ情報を学べるというイベントでした。

ノルウェー産のクラフトビール、OSLOでスコール!

ウェルカムドリンクに選んだのは、ノルウェー産のクラフトビール「OSLO(オスロ)」。

 

ノルウェー語のスコール(=乾杯)という言葉で、イベントがスタート!

 

MELLOW IPAをいただきましたが、かなりフルーティーで口当たりがよくて美味しかったです。

そして、ビールと一緒にいただいたウェルカムフードは、ノルウェー産のチーズ「ブルノスト」。

Japan Cheese Award2018 金賞受賞部門最優秀賞のノルウェーチーズです。

 

キャラメルのような見た目だけどチーズなんです!

かなり濃厚で、コクと旨味がぎゅっと凝縮された味は、今まで食べたことのない新感覚♪

 

ついついビールが進みます。

ザ・クルーズクラブ・トーキョーのランチコースを堪能

THE CRUISE CLUB TOKYOでは、

乗船しながらのランチやディナーのプランもあるとのことですが……

 

今回は室内のClub Houseでランチコースを味わってから、乗船するという贅沢プランを体験しました。

自家製スモークサーモンと取り合わせ野菜の軽いマリネ

一品目は、彩りが美しいアペタイザーから。

 

ノルウェー産のスモークサーモンを使ったマリネで、フレッシュな野菜とサーモンがベストマッチ♡

 

ペロリと食べちゃう一皿でした。

鱈とムール貝のココット仕立て塩レモンのアクセント

二品目は、海鮮の旨味がつまったスープ。

 

レモンがアクセントとなって後味もさっぱりとしていて、美味しかったです♡

牛フィレ肉のパイ包み焼きキノコソースグリーンサラダ添え

三品目はメイン。

やわらかい牛フィレ肉とキノコソースのコラボレーション!ジューシーなお肉に濃厚なソースが絡み、味も香りも最高でした

 

お酒を飲みつつ話をしながら、ゆっくりと食事を楽しみました。

 

室内のレストランではメインまで楽しみ、食後のデザートは船上に行ってから……というスペシャルなコースだったので、乗船へ向けて気持ちが高まります。

三越のカラーアナリストによる「パーソナルカラー診断」

食事の合間やクルーズの間に、スペシャルなイベントも開催されました。

 

一つ目は、三越で働くカラーアナリストの方による「パーソナルカラー診断」

DSHP(春夏秋冬)に分かれた色のパターンから、自分にあったカラーを教えてもらいました。

 

同じ色みで濃淡の違う布を4種類あてて確認。

少しの色の違いでも顔の見え方が違ってビックリ。

 

何色か布当てして、判断してもらうと……

 

私はSタイプ(夏)ということで基本的に淡い色が似合うそう。原色よりかは白を混ぜたような優しい色が◎とのことでした。

 

リップやチーク、ファンデーションの色もおすすめを教えていただけたので、化粧品を買うときの参考にしたいと思います。

三越のプロシューケアスタッフによる靴磨き

2つ目のイベントは、日本橋三越本店で勤務されているプロのシューケア高木店長による靴磨き。

 

パンプスに皮靴、スニーカー、乗船者の方の履物はなんでもお任せ!通常は1,500円かかる工程を、乗船者向けに特別にサービスでやっていただきました。

船上で濡れても良いように防水スプレーもかけていただき、ピカピカになった靴とともに心もウキウキ♡

 

「HURTIGRUTEN」と「CRUISE Traveller」よる最新クルーズの紹介

3つ目のイベントは「HURTIGRUTEN」日本代表の久野さんと「CRUISE Traveller」編集長の茂木さんによる最新クルーズの紹介。

 

テーマは「大人の探検クルーズ」。

 

7年前から小さくて高級な船がトレンドとのこと。

 

船上では、最新鋭の設備と豪華な食事でラグジュアリー気分を味わい、一歩船の外へと出れば冒険が待っている……。

そんな「エクスペディション(探検)クルーズ」というスタイルがここ1,2年で人気なんだそう。

 

例えば、ブエノスアイレスから経験豊富なエキスパートと一緒に南極へ向かう「南極クルーズ船 フリチョフ・ナンセン」。

 

南極では流氷の中ボートでクルージングしたり、ペンギンの赤ちゃんが生まれる様子を観察したりと、普通のクルーズを超越した体験ができるそうです。

 

私の中でクルーズと言えば、大きな豪華客船で観光地に行くというイメージだったので、クルーズ船で南極に行けるなんて驚きました!

 

HURTIGRUTEN」のクルーズは冒険心をくすぐります。

 

HURTIGRUTEN/フッティンルーテン

ノルウェーをはじめ、北極、南極地域へのクルーズを運航している125年以上の歴史と伝統ある老舗クルーズ会社。

 

フィヨルドやオーロラ、氷河などの大自然や野生動物と出会う探検の船旅が楽しめます。

わが家のように、ゆっくりくつろげるラグジュアリーな船内が魅力。

 

CRUISE Traveller/クルーズトラベラー

クルーズ情報誌として多くの船旅ファンに愛読されている日本初のクルーズクラスマガジン。

 

3・6・9・12月にクルーズトラベラーカンパニー株式会社より発行。

ザ・クルーズクラブトーキョーのアフターヌーンクルーズへ

ランチを楽しんだあとは、桟橋から早速乗船です。

入り口から豪華な内装で心踊ります。

1階と2階があり、2階からはデッキへ出ることも可能。

 

船の前方には、ベンチもあるので、海風を感じながら過ごせます。

イベントの日は、台風がすぎたあとで風が強かったのですが……その分移り変わる景色も綺麗でした。

出港から15分でレインボーブリッジが見えてきました!

 

今回は「お台場方面コース」のクルージングだったので、レインボーブリッジの下を通ったり、

東京オリンピック・パラリンピック選手村の様子を眺めたりと、東京の今を感じることができましたよ。

船内では、どこを通っているかアナウンスも流れるのですが、「今ここら辺じゃない?」と、言いながら当てたり、デッキで写真を撮ったりするのも楽しかったです。

食後のスイーツとカフェ

ブッフェスタイルで提供。

色鮮やかでどれも美味しそう♡

アルコールも一緒にいただけたので、デザートにコーヒーにビールと贅沢なラインナップを堪能しました。

ザ・クルーズクラブ・トーキョーで東京湾周遊はいかがでしょうか?

CRUISE Travellerの茂木編集長と記念に一枚。

 

ずっと気になっていたのですが、挑戦できていなかったクルーズ旅行。今回のイベントですぐにでも行きたくなりました…!

 

日本発着の船や、アジア諸国から出発するクルーズなら最短5日の休みがあれば行けるそうですよ!

 

長いお休みがすぐに取れないという方は、東京湾の周遊クルーズはいかがでしょうか?

 

海上から眺める東京は、普段見ている景色とはまた違って、鮮やかに映りますよ♪

 

THE CRUISE CLUB TOKYO/ザ・クルーズクラブ・トーキョー
住所:東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア1階                     

時間:Lunch Set Plan(土・日・祝日 12:00〜15:00)お一人様 4,450円〜、Night Set Plan(全日 18:30〜22:30)お一人様 14,000円

Yuzu @Tokyo




RELATED COLUMN

RELATED SPOT