Yuki

Yuki

主なテーマ :夫婦旅、シンガポール情報

こんにちは、Yukiです。

 

現在私が住んでいるシンガポール。ワクチン接種者を対象に少しずつ国境を開いていることから、観光客の足も徐々に戻りつつあります。なかでも観光地として人気のエリアのひとつが「Kanpong Gelam(カンポン・グラム)」。

 

今回は、そんなカンポン・グラムのおすすめスポットを3つご紹介します!

異国情緒あふれるオシャレなエリア「カンポン・グラム」

そもそも「カンポン・グラム」ってどこ?と思われる方が多いと思いますが、シンガポール中心部に位置する歴史の古いエリアです。

 

具体的にはスルタン・モスクに代表されるアラブ・ストリートや、シンガポールのお洒落の発信地であるハジ・レーンなどのエリアを含んでいます。

 

カンポン・グラムは、イギリス植民地時代にマレー系やアラブ系のコミュニティに割り当てられたのが始まり。

 

その歴史から、現在でもシンガポールにおけるイスラム文化の中心地として多くの人が訪れます。

 

歴史的なエリアであると同時に、モダンな一面も見せてくれるカンポン・グラム。若手オーナーたちによるトレンド感あふれるショップがひしめき、グルメからショッピングまで存分に楽しめます。

カンポン・グラムへのアクセスは、地下鉄MRTがおすすめです。

 

最寄駅であるDowntown線もしくはEast West線Bugis駅から徒歩約5分、Circle線Nicoll Highway駅からは徒歩約10分でたどり着けます。また、観光地として有名なシティホールエリアやマー・ライオン公園まで徒歩20分程という便利な立地でもあります。

カンポン・グラムのおすすめスポット①『Sultan Mosque』

まずカンポン・グラムで訪れてほしいのは、なんといっても『Sultan Mosque(スルタン・モスク)』。

 

ガイドブックに必ず載っているほど、シンガポールを代表する観光地のひとつです。

黄金に輝くドームが美しいシンガポール最古のモスク

1826年に建造された「スルタン・モスク」は、シンガポール最大にして最古のイスラム教寺院。

 

多民族国家シンガポールにおけるイスラム文化の中心地として、平日、週末問わず多くの人々がお祈りに訪れる寺院です。

 

「スルタン・モスク」の特徴は、南国の青空に輝く黄金色の大きなドーム。それを支える礼拝堂は白とゴールドを基調とした壮麗な佇まいで、カンポン・グラムのシンボルと呼ぶにふさわしい堂々たる存在感です。

 

夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出す「スルタン・モスク」。

昼夜で異なる表情を楽しめるのも「スルタン・モスク」の魅力ですね。

 

Sultan Mosque(スルタン・モスク)

住所:3 Muscat Street, Singapore 198833

電話:(65) 6293 4405 / 6293 4043

モスク周辺のお土産店で買い物を楽しもう

モスク観光のあとは、お土産店をチェック! 多くの人が途切れることなく訪れるモスク周辺には、お土産ショップが軒を連ねています。

 

特におすすめしたいのが、「スルタン・モスク」から徒歩30秒の香水店『JAMAL KAZURA AROMATICS(ジャマール・カズラ・アロマティクス)』。

 

1933年に創業され、シンガポール国内で3店舗を展開している老舗香水店です。

「ジャマール・カズラ」の香水の特徴は、水やアルコールを使わず、主に天然のエッセンシャル・オイルを使用していること。

 

それゆえ、香りの持続時間は6時間以上と言われています。

一番小さいサイズ(6グラム)で12ドル(約1,000円)からという手の届きやすいプライスも嬉しいポイントですね。

香水だけでなく、壁一面に並べられたガラスの香水瓶も見逃せないアイテムです。エキゾチックな色使いは、眺めているだけでウットリする美しさ♡

モスク観光のついでに、ぜひ一度のぞいてみてください。

 

JAMAL KAZURA AROMATICS(ジャマール・カズラ・アロマティクス)

住所:39 Bussorah Street, Singapore 199457

電話:(65) 6293 2350

営業時間:9:30-18:00(火から日)、月曜定休(変更の可能性もあるため、お店に要確認)

カンポン・グラムのおすすめスポット②『Gelam Gallery』

モスク周辺を散策したあとに立ち寄ってほしいのが、最近インスタグラムで人気上昇中の『Gelam Gallery(ゲラム・ギャラリー)』。

 

「スルタン・モスク」から徒歩1分ほどの場所にある屋外ギャラリーです。

 

歩いて3分ほどの短い路地裏には、国内外の若手アーティストによる33点もの個性豊かなウォールアートがずらり。

ひとつずつ見ていくと、ついつい時間が経つのを忘れてしまいます。

インスタ映え抜群! カラフルなウォールアートが並ぶ路地裏

それでは「ゲラム・ギャラリー」のウォールアートをいくつかご紹介します。

 

まずは“The Sun”と名付けられた、ローカルの女性アーティストによる作品。カラフルなジョウロや、お花を思わせるマンダラが描かれたウォールアートです。

南国らしい暖かなグリーンやピンクの色使いが心をパッと明るくさせてくれます。

こちらは鮮やかなブルーが目を引く”Boogie in the Dark”というウォールアート。

 

モスク目の前というロケーションもあり、屋根から黄金のドームがちらりと見えます。

テーマは1970年代のディスコ・パーティー。不思議な海の生き物がパーティーに参加しているという、なかなかシュールなコンセプトです。

ほかにも若手アーティストならではのポップな感性が生きたアートがたくさん。

 

歩くだけなら3分ほどの路地裏ですが、すべてのアートをじっくり見ていくと30分ほどかかってしまうかも。

ちなみにウェブサイトで全作品の説明が見れます。事前に気になるウォールアートをピックアップしておくのも良いかもしれませんね。

ぜひお気に入りのアートを見つけて、インスタ映え写真を撮ってみてください♪

 

Gelam Gallery(ゲラム・ギャラリー)
住所:Muscat St, Singapore 198833

カンポン・グラムのおすすめスポット③『Haji Lane』

「ゲラム・ギャラリー」から3分ほど歩くと、シンガポールきってのお洒落ストリート「Haji Lane(ハジ・レーン)」にたどり着きます。

 

昔ながらのショップハウス(日本の長屋のような二階建て建築)を大胆に塗り替えたストリートは、なんともフォトジェニック。

 

「ハジ・レーン」ではショッピングとグルメの両方を楽しめるので、それぞれ人気のお店をご紹介していきます!

地元デザイナーのショップが集う個性派ストリート

若手デザイナーによるトレンド感あふれるお店がひしめく「ハジ・レーン」。まずはショッピングにおすすめのローカルショップを2つご紹介します。

 

イエローの外観が印象的なファッションブランド『Jia』

『Jia(ジア)』は、2008年に創業されたローカルブランド。階段を登った2階部分が店舗になっています。

 

南国の太陽に映える、パキッとしたブライトカラーの洋服は見ているだけで気分が上がります♪

オフィスにも使えそうな、落ち着いたラインナップも。

カジュアルからオフィススタイルまで、幅広いローカルファッションを楽しんでみてください。

 

Jia(ジア)

住所:41A/ 43A Haji Lane Level 2, Singapore 189236

電話番号:(65) 9297 9279

営業時間:13:00-21:00(月から金)、12:00-21:30(土)、11:30-20:30(日)

 

アクセサリーショップ『SSFW』

『SSFW(エス・エス・エフ・ダブリュー)』の店内はこじんまりとして可愛らしい印象。主に天然石を使用した、乙女心をくすぐる華奢なデザインが豊富です。

このご時世ならではのマスクチェーンも。

パールや天然石が施された可愛いマスクチェーンで、マスク生活をポジティヴに乗り切るのも良いかもしれませんね。

 

SSWF(エス・エス・エフ・ダブリュー)
住所:75 Haji Lane, Singapore 189268
電話番号:(65) 6293 3068
営業時間:11:00-20:00(日から木)、11:00-21:00(金、土、祝日前日)
 

ほかにも「ハジ・レーン」にはファッショナブルなショップがたくさんあります。ぜひゆっくり散策して、お気に入りのアイテムを見つけてみてください♪

フォトジェニックなカフェやレストラン

ファッションだけでなく、お洒落なカフェやレストランが多いのも「ハジ・レーン」の魅力です。

 

そんな「ハジ・レーン」で有名なレストランが、ビビッドカラーの外観がひときわ目を引くメキシコ料理店『Piedra Negra(ピエドラ・ネグラ)』。お店の移り変わりが早い「ハジ・レーン」で約15年営業している人気店です。

フォトジェニックな空間でいただく彩りゆたかなメキシカン料理は格別。

おすすめメニューは「TACOS de PESCADO(タコス・ドゥ・ペスカド)」。

 

ハタのフリッターとタマリンドソース、そこに各種野菜がのったフィッシュタコスです。こってりしたソースと、サクサクのフリッターが絶妙なコンビネーションで癖になる美味しさ♡

お料理はもちろんのこと、お店の壁に広がる巨大なウォールアートも見逃せない写真スポットです。

 

メキシコを思わせるエスニックなアートが壁一面に描かれており、インスタ映えする写真が撮れること間違いなし♪

夜になると野外席でお酒をたしなむ人々が溢れる「ピエドラ・ネグラ」。シンガポールの夜は比較的涼しいので、カクテルを飲みながら楽しいひとときを過ごすのにうってつけです。

伝統を感じるモスク周辺とは異なる、ポップな雰囲気を味わってみてください。

 

Piedra Negra(ピエドラ・ネグラ)

住所:241 Beach Rd, Singapore 189753

電話:(65) 9199 0610

営業時間:12:00-22:30

カンポン・グラムでシンガポール旅行を満喫

シンガポールの他のエリアとは一線を画す、異国情緒とモダンな雰囲気が混在したカンポン・グラム。

 

観光やショッピング、グルメと幅広く楽しむことができるので、シンガポール旅行の際にはぜひ一度訪れてみてください

 

Yuki @ Singapore




RELATED COLUMN

RELATED SPOT