LOVETABI編集部

LOVETABI編集部

ニュース、リリースetc.

こんにちは、LOVETABI MamaライターのMinaです。

 

今回、温泉で癒されたい!リフレッシュしたい!ということで、
訪れた場所は、石川県加賀市の『星野リゾート 界 加賀』

 

娘にとっても初めて、私自身も産後初めての旅行でドキドキでしたが、
スタッフの方の温かいおもてなしにとても楽しく、安心して過ごすことができました。

加賀伝統工芸に触れながら、客室露天風呂で疲れを癒し、
とても素敵な時間を過ごさせて頂いたのでご紹介させて頂きます!

加賀伝統建築、技術が集結した『星野リゾート 界 加賀』

 

温泉街の中で一際目を惹く外観の弁柄格子は細かな木を縦と横に組み合わせた加賀地方の伝統的な建築様式です。

この建物は国の有形文化財に指定されています。

また背後にある8階建ての客室棟は、伝統建築の風情にマッチするようにデザインされており、

2016年の第36回石川建築賞に入選しています。

 

また館内の至るところに飾られている加賀水引は、まずロビーで出会うことができます。

 

上品な白で統一された水引は、遠くから見ても近くから見ても美しい姿を見せてくれます。

全室がご当地部屋!細部にまで加賀の伝統工芸がちりばめられる「界 加賀」の客室

ご当地部屋「加賀伝統工芸の間」(露天風呂付き和室)

(画像:界 加賀HPより)

加賀には美しい伝統工芸品がたくさんあり、「界 加賀」の全てのお部屋には
加賀水引、加賀友禅、九谷焼、山中漆器がちりばめられています。

客室の入り口の表札も九谷焼で作られていて、隅々まで伝統工芸を感じることができます。

 

壁やふすまには加賀水引が使われています。
上品なデザインでお部屋の中にアクセントになっていてとても素敵です。

 

ベッドは子連れにも安心のローベッドです。

 

今回宿泊したのは、露天風呂付き客室。
お部屋のテラスには露天風呂温泉があります。

(画像:界 加賀HPより)

時間を気にせずゆっくり温泉に入れるのはとっても嬉しいですよね!

私も夜と朝、ゆっくり温泉を楽しみました。
とっても気持ちよくて最高に癒されました!

 

まだ大浴場には入られない娘も、お部屋の露天風呂で温泉デビューし、楽しそうにバシャバシャしていました♡

必要な物は全て揃う「界 加賀」のアメニティー

 

界ブランドのアメニティは、化粧水から乳液、ボディクリームも揃っているので荷物を少しでも減らせるのは嬉しいですよね♡

また大浴場にもヘアゴムやブラシ、スキンケアも揃っているので手ぶらでお風呂に行けるのも嬉しいポイントです!

 

国の有形文化財、伝統建築の茶室で過ごす「界 加賀」の和の時間

 

「界 加賀」の敷地内には、約200年前の伝統建築を修復した茶室があります。

こちらでは、15時〜18時の間に和菓子とお抹茶が頂けます。

(画像:界 加賀HPより)

日々育児に追われて気が付くと、ゆっくりお茶を飲む時間もない日もありますよね。

なのでこの日ばっかりはパパに娘をお願いして、1人で空間を楽しみながら頂きました。

 

200年という歴史を感じながら過ごす時間は、心休まる優雅な時間でした。

また茶器も全て九谷焼で、柄も様々な種類がありました。

 

お茶室までの道も緑いっぱいで、とても素敵な空間に大変癒されました。

 

時間内でしたら、宿泊者はどなたでも無料で利用することができるので、訪れた際には是非行って見てください!!

「界 加賀」で24時間楽しめるトラベルライブラリー

 

ロビーの先には、庭園に面したトラベルライブラリーがあります。

ここでは24時間いつでもコーヒーやハーブティー、冷たい麦茶が楽しめます。

 

お座敷のコーナーもあるため、庭園を見ながらくつろぐことができます。

 

朝食後や入浴後、チェックアウト前にゆっくりティータイムを楽しませて頂きました。

 

九谷焼でいただく贅沢なティータイム。
器もとても可愛くて欲しくなってしまいますよね!

 

「界 加賀」のショップにて九谷焼のカップや瓶が売っています。
自分用でも、お土産用に買っても喜ばれること間違いありません。

昼間と夜で違う顔を見せる茶庭テラスの水引飾り

 

トラベルライブラリーから見える茶庭テラスには、今水引の灯りが飾られています。

昼間は可愛らしい雰囲気に、夜になると幻想的な艶やかな雰囲気になります。

 

お気に入りの色を見つけて、そこにピントを合わせて撮影するのもおすすめの撮影方法です。

 

夜の静かな茶庭テラスに浮かび上がる水引のライトアップは本当に素敵で、時間を忘れて見入ってしまいました。

 

続いては、「界 加賀」でいただく食事を紹介します!

次ページ:食材と器を存分に楽しむ、「界 加賀」の会席料理




RELATED COLUMN

RELATED SPOT