AYANA(加藤あやな)

AYANA(加藤あやな)

【フリーランスのライター/エディター】 主なテーマ:リゾート・夫婦旅・コスパ旅

こんにちは、AYANAです。

2020年はホテル開業ラッシュで、日本中におしゃれなホテルが誕生していますね。

 

今回はその中でもおすすめの、2020年9月1日に秋葉原にオープンした『NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO(ノーガホテル 秋葉原 東京)』をご紹介します。

 

幅広いカルチャーが交錯する秋葉原の街に誕生した、「音楽とアートと食」がテーマのライフスタイルホテルで、ホテルステイを満喫してきました。

JR秋葉原駅より徒歩6分、『NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO』

2020年9月1日に開業した『NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO(ノーガホテル 秋葉原 東京)』は、多様性の街、秋葉原で誕生しました。

 

2018年11月に、『NOHGA HOTEL UENO TOKYO』もオープンしており、ノーガホテルブランド2軒目のホテルです。(ノーガホテル 上野 東京の記事はこちらでご紹介しています。)

ノーガホテルは、「地域との深いつながりから生まれる素敵な経験」がコンセプト

 

1階にはバーとレストラン、2階にフロントがあるため街の人やビジターも気軽に利用しやすいつくりになっています。秋葉原の喧騒の中にありながら、おしゃれな外観が目を引き、多くの通行人が注目していました。

・東京メトロ銀座線「末広町」駅 徒歩4分

・JR「秋葉原」駅 徒歩6分

・東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅 徒歩10分 と、アクセスも抜群なので、東京観光の拠点にもおすすめです。

『NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO』を彩るアートと音楽

「ノーガホテル 秋葉原 東京」の魅力は、「音楽とアートと食」がテーマになっていること。

エントランスからフロント、客室にまで展開されているアートや音楽は、クリエイターとのコラボレーションによって生まれました。

「UNTITLED」Ikki Kobayashi

街の再解釈を試みた現代アート作品を常設・企画展をとおして発信しています。

「Together We Made It」Jesse Hogan

東京のデザイン・アートシーンの第一線で活躍し、今後も世界的なシーンの要になるアーティストたちをキュレーションし、このホテルのためだけに制作した作品なのだそう。

「AKB UNTITLED」 Shinpei Onishi

ただ、ぼーっと眺めるだけでも、一緒に写真を撮るでもよし。自分自身の解釈で、滞在中に楽しめます。

ついついアートに目がいってしまいますが、館内で流れている音楽も外せません。

 

館内各所の特徴や用途を考慮したスピーカーからは、ホテルのために特別に選曲したBGMが流れています。2階のテラスにはDJブースも併設。今後DJイベントも予定しているとのこと。

 

「ここではどんなスピーカーを使っているのかな……?」と、探すのも楽しい時間です。

『NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO』のダブルルームに宿泊

今回宿泊させて頂いたのは、18㎡の「ダブルルーム」のお部屋(定員:2名)。

 

白を基調としており、洗練された中にも温かみのある空間が広がります。

お部屋の中央にはシモンズ製のクイーンサイズのベッドが。ゆったりと身体を包みこんでくれ、心地よい時間を過ごせます。

 

デスク、2種類のチェア、大きなテレビ。そして、音質にこだわったスピーカーが設置されています。

ホテルのドアに貼るサインも、レコード型。

テーブルの上には、近隣のお店を紹介するガイドブックやマップが置いてありました。

 

スタッフの方が近隣の店舗をまわり、おすすめショップをまとめたそうで、マップ片手に近隣散歩も楽しそうです。

ベッド横のテーブルはPC作業にもちょうど良い大きさで、ワーケーションも捗りそう◎

音質にこだわったスピーカー、大画面でNetflix鑑賞も可能

やはり印象的なのが、大迫力のテレビとスピーカーの存在。

スイスの音響ブランド「GENEVA」のスピーカーが設置してあり、スマホからBluetoothでお気に入りの曲をかけることができます。

Netflixのアカウントがあれば、テレビで視聴も可能。お酒を用意してムービーナイトを楽しむのもアリかも!

 

テレビモニターの向きを動かせるので、寝ながら鑑賞できるのも嬉しいところ。私は、夜更ししてハマっている韓国ドラマを楽しみました……!

スタイリッシュな シャワールーム

1人では大きすぎるくらいのシャワーブースで、手持ちのシャワーとレインシャワーがついています。

 

レインシャワーはたっぷりのお湯で身体を包み込むことができるので、バスタブがなくても十分リフレッシュできます。

こだわりの日本製アメニティ

客室内にあるアメニティも、近隣地域のデザイナーや企業とコラボーレーションするなど、こだわりがつまっています。

 

「木村硝子」の薄くて繊細なグラスに、「まるよ茶屋」のほうじ茶と抹茶。どちらのお茶も香ばしくて、おいしかった〜。

冷蔵庫の中には2本のお水も常備。

着心地の良いルームウェアは「アトモスフェール・ジャポン」のもの。

シャワールームにあるバスアメニティは「オサジ」。花束のような華やかな香りに癒やされます。

 

歯ブラシ、ヘアブラシ、ヘアゴム、綿棒・コットン、剃刀など基本的なアメニティも置いてあります。

2階のフロント前に、アメニティが展示されており、気に入ったアメニティをお土産として買って帰ることもできます。

 次ページ:モーニングからディナーまで『NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO』で味わうスパニッシュイタリアン




RELATED COLUMN

RELATED SPOT