青森屋

Remi

Remi

【LOVETABI代表】 主なテーマ:リゾート、アフリカ、ロマンス旅

こんにちは、Remiです。

先日青森の星野リゾート巡りをしてきました。

 

青森の大自然を満喫できる「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に続いて訪れたのは、
青森のお祭りや文化を体感できる星野リゾート 青森屋(以下、「青森屋」)。

 

青森文化を丸ごと体験できるアクティビティやエンターテイメントが満載!まるでテーマパークのような温泉宿をご紹介したいと思います。

 

【参考記事】「青森屋」と合わせて泊まりたい「奥入瀬渓流ホテル」についてはこちら。

 

 

「青森屋」の子連れ旅記事はこちら

 

 

青森の文化やお祭りを一年中楽しめる「青森屋」とは?

青森屋

青森県三沢市にある「星野リゾート 青森屋」は、青森の文化を丸ごと体験できる温泉宿です。
コンセプトは「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ ひとものがたり~」。

 

約 22 万坪の広大な敷地内では、メインとなる宿泊棟の他に大きな池や古民家の点在するのどかな光景を馬車が走り、青森の昔ながらの原風景を感じることができます。

青森屋

 

そして、青森屋滞在の目玉のひとつ、青森の祭りの熱気をショーで再現する「みちのく祭りや」が2022年4月にリニューアルオープン!!

青森屋

青森の四季の情景と祭りの熱気を体感するイベントの様子と共にレポートします!!

アクセス

青森屋

東京から青森までは新幹線で約3時間、またはフライトで約1時間

無料送迎バスが三沢駅(約3分)・三沢空港(約20分)・奥入瀬渓流ホテル(約1時間)から運行しているので、アクセスもスムーズ。(2日前までに要予約。)
私たちのように「奥入瀬渓流ホテル」と「青森屋」をホテルをホッピングされる方も多いそう。

迫力満点のねぶた部屋も!「青森屋」の文化とぬくもり溢れる客室

青森屋

「青森屋」の客室は236室あり、6タイプに分かれています。
青森の伝統工芸品や温泉、ねぶたに触れる客室など様々な滞在を楽しむことができます。

 

青森ねぶたの間

青森屋

青森ねぶた祭をテーマにした1室限定で、随所にねぶたが設置されており、ねぶたの迫力で「寝かせない客室」とも言われています。

ドアの外から見えるねぶたの眼力だけでも迫力がありますね。

 

ドアを開けると目の前に大きなねぶたの壁画。

青森屋

そして、廊下を抜けると目の前に現れるのが、ねぶた尽くしの空間!!!

青森屋

ねぶたは、東北で語り継がれる3人の英雄の伝説を題材にしたもの。
構想から完成まで約1年をかけたというねぶたのお部屋は、まさにお祭りの迫力そのもの。

青森屋

寝室は障子や天井までどこを見てもねぶた、ねぶた!!

青森屋

青森屋

これは寝られないわけですね。(笑)

ねぶたの踊り子である跳人の衣装もあり、とことんねぶたの世界に浸れるお部屋です。

青森屋

こちらのねぶたはティッシュケース!遊び心も満載です。

青森屋

お風呂もねぶた!!

青森屋

もちろん鍵もねぶたでした!!

青森屋

ねぶた師の協力のもと構想から約1年かけて作られたという思いとこだわりの詰まったねぶたの間、眠れない覚悟で泊まってみたくなるお部屋です。

あずまし 半露天風呂付(2~3名定員)

青森屋

スタンダードタイプの客室にヒバを使用した半露天風呂を設えた客室。

 

「あずまし」は青森の方言で、心地よいという意味。
畳の落ち着いた和室に青森県南部地方の工芸品を設え、心地よく寛ぐことができます。

星野リゾート 青森屋

お部屋では青森の伝統工芸品「八幡馬」がお出迎え。

青森屋

八幡馬は八戸の郷土玩具のひとつで、黒の馬が親で赤の馬が子どもなんだそう。

 

お部屋の茶器は津軽金山焼き。

青森屋

 

お部屋の窓からは敷地内の自然を感じられます。

青森屋

 

ローベッドが並ぶ落ち着いた寝室。

青森屋

 

そして、こちらの客室は半露天風呂付き!!

青森屋

ぬくもり溢れるヒバの香りとかけ流し温泉を滞在中いつでも堪能することができます!

青森屋

窓から入る外気が気持ち良くて、いつまでも入っていられます。

青森屋

 

洗面台にスキンケアも用意してありました。青森屋

 

こちらのお部屋の鍵は青森らしく、りんご♡

青森屋

 

次ページ:一年中お祭り気分!青森屋の「じゃわめぐ広場」で遊びつくす!




RELATED COLUMN

RELATED SPOT